FC2ブログ

基本稽古   前編   竹刀を絡ませる・・・!

2018年7月25日(水曜日)   崇菱会   基本稽古   前編


Ⅰ.基本稽古

001
1.遠間からの大きい面打ち   3本
「残心ターン」の時、ふらふらしないようにピシッと決める・・・!

003
問題は「残心ターン」でピタット決まって”重心”まで決まっていくとまず「位置が決まる」、それから「重心が決まる」そこで「ストップができる」、・・・と いう事は次にまた飛び込める・・・ッ!  ・・・こういう状態ですから、そこを意識しながら・・・ッ!

003

スナップショット 1 (2018-07-27 9-03)


プレジデント範士指導動画1   残心ターン

https://youtu.be/_c_FCbP1aZo



005
面を打って抜けますが、ここで(☆相手とすれ違う時・・!)すでに開き気味になっていますから、突き抜けるまでは真っすぐ(☆前を向いている)・・・!
すれ違う時体を開くとどうしても打ち自体が開き気味になったしまう・・!

できるだけ真っすぐに抜ける・・・!
抜けて、右足を起点にターンし、左足の位置がピシット決まると「少し前足(☆右足)を引付けるようになると思います・・」

引付けた瞬間に形が決まっている・・!
こういう形に注意してやってみましょう...!

005

スナップショット 2 (2018-07-27 9-03)


プレジデント範士指導動画2   真っすぐ抜ける

https://youtu.be/OAlfVdHPrA0



007
突き抜け残心ターンした時には「剣先が交差ない・・!」  ・・・遠間
残心ターンした時に「剣先が交差していると…」、実際はそういう場面を作ること自体が自分にとっては”不利”です・・!

相手はこっちを向いている訳ですから・・・!
「残心ターン」をした時に「対応できる距離」を取っておく・・!

実際の場面でもそうですから、しっかり抜けて、距離が取れる所で「ターンをする・・!」
それでも、遅くならないようにパット早く準備をする・・!、・・というのが基本ですからッ!


007

スナップショット 3 (2018-07-27 9-04)



プレジデント範士指導動画3   対応できる距離


https://youtu.be/XdXyxurmASk


009
2.切り返し
011
左手は出来るだけ「真ん中を通る・・!」
少し手首の角度が変わるだけッ.!

こういう意識を持たないと・・・ッ!
左手は出来るだけ「正中線に、真っすぐ持ってくる・・!」
特に下がった時・・・!


011

スナップショット 4 (2018-07-27 9-05)


プレジデント範士指導動画4   正中線に持ってくる

https://youtu.be/PmJThNCp4hA


013
振り上げた時に「右肘も左肘も少し曲がる・・!」
「緩みー伸びる、緩みー伸びる、緩みー伸びる・・・・・ッ!」
これの繰り返しです・・!

振上げの時には緩んでいるが打つ時は伸びる・・・!
左右面を切り返して打つ場合も一緒です・・!

反対に言うと「振り上げた時に伸びた状態で・・・!(☆打った時も伸びた状態・・)」 ”メン、メンメン・・・” ・・と
こういう切り返しもあるんですね・・・!(☆こういう切り返しをする人もいる・・)

反対に「緩んだままの状態で・・・」(☆打った時も緩んでいる・・)”メン、メン、メン・・・” ・・と
こういう切り返しもある・・!(☆こういう切り返しをする人もいる)

「緩んで伸びる・緩んで伸びる・・・・!」  これが切り返しですから・・・ッ!
自分の中でしっかりけじめを付けて・・!

面は「遠くに放り出す・・」(☆打つ時は肘を伸ばす・・!)
放り出すような気持ちになれば、目いっぱい伸ばそうとする・・!

そういう所にも繋がっていくろ思います・・!
「ヒジ」がピシッツ・ピシッツ・ピシッツ・・っと!  伸びていく・・!
右手も左手もいっしょです・・!


013


スナップショット 5 (2018-07-27 9-06)


プレジデント範士指導動画5   これが切り返しだ

https://youtu.be/xBAGftsbj4w


015
切り返しも「メン・メン・メン・・・・・」・・・と打って「残心ターン」で終わりです・・・!
ここがさっきの練習が生きて来なかったら全然・・! (☆意味がない)  練習のための練習ではない・・!
そこの所をけじめを付けて「自分でピシット決まる・・!」 ・・そういう習慣を出来るだけ付ける・・!

「そういう練習をする時は出来るけど、他の練習をやる時にはもうできていない」・・では意味がないですから・・!
特に切り返しの最後・・、(☆残心ターンで)ここでピシット習慣化するように自分の中で意識しておいてください・・!

015


スナップショット 6 (2018-07-27 9-07)



プレジデント範士指導動画6   習慣化する

https://youtu.be/u-zTgw-vDGw


3.間合いの出入りから面打ち   3本
これも一緒です・・・、「メーン・・残心ターン・・ピシット構える・・」


017
大体7割くらいの人は身に付いてきていると思うんですが、まだ自分で意識していないとピシットこない人もいますが、大体出来上がってきた人は「メーン」といき「残心ターン」が決まったら「スーット半歩前に出る・・

あるいは「右足だけでもよい・・!」
こういう癖を付けると・・・! 懸りを強くするために右足をスット前に出す・・!
これで又すぐで右足で出れる・・ッ!

あるいは、遅れると思ったら「右足を突っ張って引き面」になる・・!
ここらの繋がりが出てきますから・・!

「メーン・・」→スット「残心ターン」→スット「右足を出す・・」
こういう感じで3秒止まるッ!
その方が更に実践向きです・・ッ!

017

スナップショット 7 (2018-07-27 9-08)



プレジデント範士指導動画7   右足を出す


https://youtu.be/_NUwuYmFIQo


018
3本面打ちをやっていますが、2割から3割くらいの人は「竹刀が動いたり、相手の竹刀に触ったりしていますが」・・、逆に7割くらいの人は「そのままです・・!」
竹刀が”真っすぐ”となっている・・!

「押さえたり、左にいったり・・」・・というのがほとんどありません・・!
できるだけ相手の竹刀を「絡ませる・・」
「表から、上から、下から、裏から・・」 「・・絡ませる・・!」

こういう気持ちで出入りをしながら、面に出る・・!


018


スナップショット 8 (2018-07-27 9-09)


プレジデント範士指導動画8  絡ませる

https://youtu.be/0PglJFrYq3M



021
竹刀を「絡ませる・・」・・がひとつのやり方になるんですが、ひとつは「間合い・・」
「打てる間合いに入って・・、行かない・・!」

相手の立場に立てば「届かないだろうな・・、 多分来ないだろうな・・」・・と言う安心感がある・・ッ!
自分から行っても届きそうだし、相手からも打たれそうな距離になったら「オオッツ・・、っと 用心する・・」

感覚的にわかるから・・!
「間合いの出入り・・」・・と言うのは、一つはそういう事です・・!

届くところまではいる、入るんだけれど・・・、「いつも届かない所で出入りして、打つ時だけ届くところに入ってくれて打ってくれるのが、相手にとっては安心感がある・・!」

「アアッツ きた・・、アッツ くるな・・」  ・・と分かりますから・・!
剣道の場合は「自分はそうしたいけれど、相手もそのことは承知の上ですよ・・!」
・・と言う事ですから・・、 なかなか自分の好きなようにはさせてくれない・・!

いっても受けられる、あるいは先に打たれる、返される・・・!
こういう形になるわけです・・!

「相手の気持ちを逆に取る・・」・・と言うのは変な意味ですが,やはりやり取りですから・・・!
だから「届く距離に行っても、行かないよ・・ッ!」 ・・という時間を作る・・!
それだけで相手は「オオツ  こんのか・・ッ!?」  ・・・もう気持ちが半分に分かれる・・!

「アッツ こんのか!?」  ・・という迷いが出てくるッ!
こんどは、間合いだけではなくて「届く距離に入って・・・、”来るかな・・?” と思ったら「スット 引く・・」

今度は届く距離まではいってきたので「引くかな・・?」 ・・と思ったら ”止まっている・・”  「引くんだなと思ったらそこから出ていく・・ッ!」

同じ入っても「時間によって違ってくる・・!」 ・・・相手の読みが・・っ
まず、距離がひとつあります・・!
それから、距離は別に考えて「上体を見ただけで・・、 構えていて打つ時には”体がヘコム形で メーン  と”
あるいは、体が崩れてから来るとか・・・!
特に”変化が起こる・・”  中段の構えから”何か上体が変化をしながらくる・・!”
これも分かりやすい訳です・・・!


間合いが近づいて体が変化したら・・、「アッツ くるな・・!」 ・・と
読まれてしまうッ!
複合ですから・・、上と下と・・ッ!

こんどは反対に上だけを考えると、「変化をするような形をして 行かない・・!」
これがあってもいいわけです・・!

変化をして、必ず行くと”相手はその状態の変化を捉えて、ハイどうぞ・・ッ!」・・と
「エッ こんのか・・!」  相手は来るかと思って「ビクットして・・ そこで止まる・・」
こういう事をやるだけでも相手の迷いが出てくる・・ッ!

また、防御体制からおりる所を「パアーン 」・・・と 打たれる!
「変化をしながら、行かない・・」 逆に言うと

「変化をせずに、行く・・!」・・・これが一番いいですが、
中段の状態からそのまま行ける・・!

だけど、普通の人は大体「変化をしていくんです・・」
だから、「上体の変化をして、  行かない・・!」

「変化をして、止まっていて 引くかな・・、 と思ったら いく・・ッ」
「間合の出入り」・・という言葉の中には、そういう意味合いがしっかりあるわけっですから、お互いに相手とそういうやり取りをやりながら「面」に出てください・・・ッ!

あるいは「コテ打ち」でもよい・・!


021


スナップショット 9 (2018-07-27 9-10)


プレジデント範士指導動画9  読みの逆をいく

https://youtu.be/XZvj0frHqeI


つづく






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

SKY

Author:SKY
広島県広島市にある道場です。

藤原崇郎 剣道範士八段を師範としてお迎えし、2008年7月にスタートした剣道場です。某社剣道部と近隣の剣道愛好家との合同稽古会として発足しました。

稽古場所:広島市西区 

稽古日:水曜日 19:00 ~ 21:00 (祭日は休み)

連絡先:090-3634-3403
     事務局 田坂


剣道に興味のある方は気軽にお越しください。
なお、海外および県外から出張・転勤等で広島に来られる方も歓迎しておりますのでぜひご連絡ください。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

日めくりカレンダー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR