FC2ブログ

瑞宝小綬章   おめでとうございます...! 



Ⅰ.プレジデント範士 「瑞宝小綬章」を受章
去る4月29日 2017年春の叙勲受章者4080人(日本人)が発表されました。
中国地方ではプレジデント範士が「瑞宝小綬章」を受章されました。

瑞宝小綬章の「勲章授与基準」によれば、公共的な職務の複雑度、困難度、責任の程度などを評価し、重要と認められる職務をはたし成績をあげた人に対し授与する」となっています。

プレジデント範士の教育界での功績が評価されての叙勲です。

心からお祝い申し上げます。

おめでとうございますッ!


IMGL7125_convert_20170430213241.jpg 


IMGL7127_convert_20170430213257.jpg 




Ⅱ.4月29日京都で行われた6段審査で”歌う剣士ジョセ”先生が見事合格されました。

ジョセ先生おめでとうございます。


満開の桜が咲きましたあ~~~~ッ!

IMGL6902_convert_20170430213920.jpg 


模擬審査の出番を待つ”歌う剣士ジョセ”先生
すでに合格の雰囲気がありますねえ~~!

RIMGL7018_convert_20170430213322.jpg



☆この情報は、今現在管理人が持っている情報の全てです。
  他に吉報があればご一報頂ければ幸甚です。











スポンサーサイト

基本稽古   後編   打たれてもいいですよ... その代り私も・・・

H29年4月26日(水曜日)  崇菱会  基本稽古  後編

Ⅱ.基本稽古(つづき)
0113
6.間合いの出入りから小手
上からの小手と下からの小手を打つ
0114
0115

手元を下げ過ぎた小手を打つと竹刀と接する面が狭くなる 従って「ベチャ・・」という音...
→放り込みが出来ていない。
私の(範士の)小手打ちのイメージは、小手を打った時、左拳の位置は打突部より少し下がってはいるが、竹刀の先が曲がるので拳より竹刀先端は下がっている。



→放り込む
スナップショット 1 (2017-04-28 11-52) 
プレジデント範士指導動画1   小手打ち
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=an7pcDg3mGQ
0117
7.面に対する対応技   2本  2セット
一本目: 前列は面
後列は対応技 どんな技でも良い
二本目: 前列は面
後列は面を誘い出す  先に仕掛ける   前列が面に来たところを返す
プレジデント範士指導動画2   面に対する対応技
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=Uz0C3cWWeLI
0119
ツーステップで右足だけで誘い出す
☆右足→右足(踏込)
0120
0121

誘い出して、”遅れる”あるいは”体が崩れる” 状態で終わる!?
逆に言うと「打たされている」感じになる...
せっかく誘い出しているのに、評価が落ちる・・・!    ・・・なら 打たない方がいい  となる。



せっかく誘い出しているのだから、例え当たらなくても”残心まで決める”   これが評価される!
0122
0123

8.小手に対する対応技
一本目  前列:小手
後列:対応技  どんな技でも良い
二本目  前列:小手
後列:小手を誘い出す  竹刀を少し上げて誘う...



プレジデント範士指導動画3   小手に対する対応技
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=lH0XrWupCv4
0124
0125

打った後、一本にする体の捌き...
0126
9.地稽古   1人  2分
地稽古風景動画4
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=SN2IwL7hPZY
Ⅲ.自由稽古



プレジデント範士が見守る中、自由稽古が行われました。
範士の見守る目は稽古と同じようにプレッシャーがかかります!
IMGL7021_convert_20170428114007.jpg 
範士の目が...!  ”光る・・・”
IMGL7023_convert_20170428114023.jpg 
”目が・・・!”
IMGL7041_convert_20170428114038.jpg 
範士の目線の先にあるものは・・・?
IMGL7044_convert_20170428114052.jpg 
京都で7段の剣道形審査を控えているY村先生でした!
Y村先生 何としても”合格を!”
IMGL7046_convert_20170428114107.jpg 
Ⅳ.プレジデント範士稽古後の講話
スナップショット 2 (2017-04-28 11-58) 



今日の稽古を見させてもらった感想を少し話します。
基本稽古では約40分位の時間を取ってやっています。
私としては「大分できてきたな・・・」と手応えを感じる事が多いい。
しかし、稽古を見ていると「前半の基本がどこに生かされているのだろうか・・・??」と・・・?
剣道は基があってなかなか自分の癖が治らないという事も分かりますが、稽古になると自分の癖が前に出てきて「基本から外れる形で稽古をやっている」ことが多いッ!
もちろん、この中には基本を忠実に稽古の中で生かして「ああ.. やっぱりこの先生は力を付けてきたね...」という 如実にわかる先生が何人かおられる...
反対に、まるっきり変わらない先生がおられるのも事実!
その先生が基本の時に出来ていないかと言えばそんなことは無い。
基本稽古では出来ているッ!
稽古になると自分の癖が治らない!?
なぜそうなるのか・・・?




そのひとつには「打たれたくない 打とう!」と言う気持ちが強いと 自分の癖が出やすい。
「打たれてもいいですよ...  その代わり私も打たせくださいね!」とう割り切りが出来る人は、基本に近い形で稽古に入って行きやすい!
この一点だと思います!




私は(範士は)、「打たれてたくない」と言う時期が長くあったが、「「打たれるのなら綺麗に打たれよう...」 「どうせ打たれるのなら惨めな打たれ方はしたくないよね・・・!」という気持ち...
例えば、”体制が崩れたりあるいは卑しい気持ちを出し過ぎて打たれたり”そういった自分が惨めになるような打たれ方はしたくない!。
「同じ打たれるのであれば、潔く、気持ちよく打たれよう...!」
そういう稽古をしようと、切り替えたことがあります。
打たれる事をある程度意識の中から外していくという時期がないと、自分の剣道が思った方に確立して行かない。
そんな感じで見させて頂きました!

基本稽古  前編   小さい事にこだわらない...

H29年4月26日(水曜日)  崇菱会  基本稽古  前編


Ⅰ.プレジデント範士稽古前の講話

スナップショット 2 (2017-04-27 19-52)

来週の審査を受けられる方は崇菱会では今日が最後の稽古となりますが、私も今回は6段、7段、8段の審査員として行く事になっております。
できるだけ皆さんが審査を受ける会場にならないことを祈っています。
私自身が厳しく審査するようになりがちになって、皆さんに取ってはあまりいい事ではないと思いますので...  外れることを期待しております。

審査に臨むのに「できるだけ小さいことにこだわらない
例えば、小さいというのは「相手とのやり取りの中で、打てるかな打てないかな、打たれそうだな、打てそうだな、どうしたらいいかな・・・」  そういった目の前の小さい事

これは大事な事ではありますが、大きな部分から考えるとある場面的な事を一生懸命やろうとする...!?
そういう形でやって良い結果がでるものでもない。

逆に大きい事とはどういう事かと言うと、私的に審査とか試合の時に言い聞かすひとつの方法として「試されている
試合と言うのは「試(こころ)みあう、試(ためし)しあう・・・」そういう感情があります。

自分が試されているから、「二人で試合をしてください、審判が見ていますから、どれだけの力を持っているか皆さん冷静に見ていますからやってみてください」という舞台を作ってもらっている中に自分が出て行って
さあ... どれだけの事が出来るか
という事を試されてる!

試されているんだったら、はりきって自分の持っているものを全部相手にぶつけてみようか・・・!
そういう気持ちの大きさを持ってやるほうが結果的にいいのではないかと...
できるだけ小さい事にこだわらず、大きく捉えて 今までやってきたものを含めて臨めるか!

結果は終わってからの事よ・・・!?
そういう感じで気持ちを大きく持って臨んでみてください。
必ずしもそうやっているからいい結果が出るとは限りませんが、最終的には自分のいいものを出して結果がどうなるか...!
と言う形で終わるのが次のステップへの足掛りになると思います。

ぜひ頑張ってください!



Ⅱ.基本稽古

0094
1.遠間から大きい面打ち
大きく一拍子で打つ

0096
2.遠間から小さい面打ち

0098
竹刀の先を振る
手首を意識的に使う

打ったら力を抜く  これが大事!



スナップショット 1 (2017-04-27 19-50)



プレジデント範士指導動画1  

https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=eHHrzvDo-R0



0099

3.間合いの出入りから面   3本

0100
間合いを詰める時の足は”出来るだけ早く・・・”
スーと入って”面”

入るスピードが速いのと、入って打つのが速いのと両方いる
それでスムーズに流れていく!



入る時だけ速く、打つのは遅く あるいは 入るのが遅く、打つのは速くでは流れができてこない!
速く入って、速く打つ...
次は、入って5秒溜めて打つ

4.間合いの出入りから面   4本
  一本目、三本目 速く入って、速く打つ 
  二本目、四本目 入って、5秒溜めて面


プレジデント範士指導動画2  

https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=2guiBGUR658
 
0101
0102


間合いの出入りと打突時の入りとは上体は同じ!
間合いの出入りは20Cm,行くときは35Cmでスッーっと入るから相手は「オッ・・・」っとなる!


プレジデント範士指導動画3  

https://www.youtube.com/watch?v=Pw98004krCM&feature=player_embedded


0103
0104




プレジデント範士指導動画4  


https://www.youtube.com/watch?v=B-shQsfwufw&feature=player_embedded



0105
0106
0107


5.出頭面    2本
前列:間合いの出入りをしながら、一歩入って面
後列:前列が右足を出した時、右足を上げて面
    →後列は、一歩入って5秒溜めている状態を作っておく  動かない


プレジデント範士指導動画5  


https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=F66pXGzL4NU


0108
0109


出頭面が届かない、体制が崩れる等一本にならない人は”構えが悪い”
重心の掛け方が悪い!

「右足を上げると左足に体重が乗って自然に前に出る」 このような構えを作る...
右足を前に出すのではなく左足で蹴るのではなく右足を上げる...  自然と前に出る

0110
0111
0112
0113


6.間合いの出入りから小手


後編につづく



Ⅲ.管理人が勝手に選んだ今日のベストフアイト

ダイヤモンドM vs ミッキー   
      同期対決

スナップショット 3 (2017-04-27 19-55)



https://www.youtube.com/watch?v=NJwvQem3EJA&feature=player_embedded





☆今日の「裏撮り千本桜」は都合により全員の自由稽古となりました。


















































桜を追って”みちのく”の旅

ア~~~~アッ!?
今年もプロを「ッ・・・っ」と唸らせるような桜が撮れなかったなあ~~!?

桜の満開は終わったし・・・!? 
リベンジの機会もなく...  シーズン終了かとと思われた ”その時!”  


オッツ・・・!」
閃きました!?


なら・・・  「いけばイイジャン~!」 
満開の桜を求めて...!?」


行ってきました”みちのく”の旅!
羽田から奥州街道をまっしぐらに北上・・・!?

撮ってきました満開のサ・ク・ラ
その一部をご紹介します。

ご笑覧頂ければ幸甚です。




福島県の”三春滝桜”
日本三大桜に数えられる滝桜で、樹齢は1000年以上と...
桜は満開でした!?
IMGL6551_convert_20170426154222.jpg 



あの映画”八甲田山 死の彷徨”で有名になった”八甲田山”の今

IMGL6780_convert_20170426153026.jpg 




青森弘前公園から”岩木山”を臨む
岩木山はこの時期でも雪を被っていますね!

”満開の桜と雪山”のコラボです!

IMGL6863_convert_20170426152937.jpg





今回のテーマ ”桜と雪”
 IMGL6850_convert_20170426152915.jpg



弘前城と桜と雪の岩木山
ちょっと欲張ってみましたが・・・?

IMGL6825_convert_20170426152846.jpg 



 

”おまけ”
秋田県に位置する”角館(かくのだて)・武家屋敷”で見つけた日本刀
ここは”青柳家”というお武家様のお屋敷です。」


IMGL6737_convert_20170426152956.jpg


最後までご高覧頂きありがとうございました。




管理人はいま、かなり落ち込んでいます!?
1年に1回の京都大会...!

出場できないんです。(。>ω<。)ノ
2週間前”上腕二頭筋”なるものを断裂...!

腕が上がらないんです。
竹刀が振れないんです。

「なぜこの時期に・・・???」 
相当落ち込んでおります。


”みちのく”の旅は、この気持ちを振り切るための旅でもありましたが...
・・・

前にプレジデント範士から”前後裁断”という言葉をお聞きしました。
過去も未来も裁ち切り”目の前に現れた事象にのみ最善を尽くす”
という意味だったと記憶しております。

いまの管理人には”傷を癒すことに最善を尽くす”ことかと・・・!? ヽ( ´_`)丿





























基本稽古  後編   面に隙があるから面にいくのではない...

H29年4月19日(水曜日)  崇菱会   後編


Ⅱ.基本稽古(H29.4.22付ブログのつづき)

0060
6.小手・面 又は  小手・胴    2セット
一本目:  小手→面
二本目:  小手→胴

0061


スナップショット 2 (2017-04-21 15-16) 

小手→面    小手→胴  をできるだけ両方とも使えるようにする。  特に 小手→胴、  
小手→胴はあまり使いませんから。

試合に勝つ人は「小手→胴」を打つ人が多い。
小手→胴 で相手が胴を警戒しだすと 小手→面が打てるようになる。


小手を打った時に、相手が下がり気味であれば”面”を打つ
※小手を打つ時、自分の竹刀が上がっている時点で 当たるか当たらないか判断する。小手が当たらないと思った時には、次の面を考えているわけですから その時手元が上がったら”胴”   下がったら”面”

そこまで行くとかなり高級ですが”繋がり”とはそういう事。
「ひとつ先の動きを、ひとつ手前で判断する」   強い選手は...

そういった事を何回も繰り返してやるから、無意識に反応するようになる。
そうなるとかなりハイレベル!

最初は、相手が下がったら 小手から”面” に追い込めるような形を作っていく。
面に隙があるから面に行くのではなく、下がりそうだから面に行く...

手元が上がりそうだから”胴”にいく
元立は少しそれを意識してやってみる。

相手が小手に来るとき「下がるよ...、と引き」面を引っ張り出す
小手に来たとき「手元を上げて」胴を引き出す。



0062

掛手は「小手→面」か「小手→胴」を打ってきますので、
例えば、一本目は「小手→面」を打たせてやろう...  と   ”スッと下がる”

掛手は元立がどうするか分かりませんから、
元立がこんどは”小手→面”を打たせてやろうと意図的に下がってやる。

掛手はそこを見切って反応していく...
お互い呼吸が合うようにする

逆に言えば元立は「こういう形を作ると相手に見破られ易いんだな...」ということを覚える。
掛手は、そういう反応に対し”適用”することを覚える。

従って稽古は”元立がリードする”

0063



なかなか難しいですね!
このような技の仕組みを感じることが重要...    

相手の動きの中で”感”を働かせていくのもよい。   
始めは当たらなくてもよい...

感を磨く、観察力を磨く...

0064

7.面に対する応じ技  2本  2セット
前列:面
後列:対応技

0065

前列は”面”に仕掛けて 自分の方が「メンあり」となってもよい。
相手が対応できず、体の捌きが出来なかったら自分のほうが「メンあり」でもよい。

例えば、相手に「出小手」を打たれても、面打ち切る...
対応する方は「打って」体制が崩れたりしないように、最後の決めまでやる。   残心まで...

打ってそこだけで終わってはダメ   残心まで..
面に出る方も応じる方も打ったあとが大切!

0066

8.小手に対する対応技   2本 2セット
前列:小手  後列:対応技


0067


9.地稽古   1人

スナップショット 3 (2017-04-21 15-19)





















































































 












基本稽古   前編  藤原崇郎範士八段の理想の面打ち...  永久保存版

H29年4月19日(水曜日)  崇菱会  前編


Ⅰ.プレジデント範士稽古前の講話
今日は4月末からの京都審査を睨み6段、7段、8段の「模擬審査」をやってみます。
今日の稽古(範士との)は第三週ですので、ジュニア軍団とします。

剣道形を見ていて思うのは、”小太刀の3本目” 打太刀も仕太刀も両方責任があると思いますが...
特に仕太刀、右手で相手の太刀を制しますが左手は相手の肘の横から差し出す。

従って打太刀は、右の手は締められている 左手は押さえられている...
だから、下がる時は当然左斜め後ろに下がる事になる。

これがほとんど出来ていない。
ほとんど直線的に下がっている!

仕太刀もそれに付いて行っている。
左手で肘を締めている訳ですから、斜めに下がるはず...

打太刀は”左斜め後方に下がる”
そういうふうに意識を変えてみてください。

最後の右手の残心は2本目も3本目もいっしょです。
左手の位置は違いますが...

左手は2本目は”上から”  肘よりも上の所を持って 下に引っ張るようにして制する!  これで残心。
3本目は”横から”

2本目は右から帰る
3本目は左足から帰る

似ているようで違う...
これをはっきりと見極めておかれるとよい。

2本目、3本目とも残心をとたっ時の”刃”は右斜め下を向く   真っすぐではない!
刃先は相手の”喉”    右手は自分の右腰に着ける”


0051

スナップショット 4 (2017-04-21 11-55) 


プレジデント範士指導動画  小太刀3本目


https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=IOyZh333wbI




Ⅱ.基本稽古

0052
1.中段の構え  「しっかりした構えを作る!」
足、足の幅、重心のかけ方、膝の緩み具合、腰、首、姿勢、頭の位置、目付、手元、竹刀の握り、剣先の高さ...

一番大事なのは”気持ちを作る”
出来るだけ大きく、カバー(防御)する構えではなくて隙を作るような気持ちで...

「ハイどうぞ・・・!」と言う気持ちで...  大きく構えて相手と対峙する
構えを作ったままで、足を動かしてみる

[注意]
手元が小さくさらないこと
構えた時、竹刀と体の間隔が狭くなると小さくなる  両手の間隔が狭くなると小さくなる 手首し絞り過ぎると小さくなる。

体と竹刀の間隔が遠くなると大きな構えになる。
構えを大きくするには、相手と遠くになるように構える

足捌きで近づくのは良いが、頭のみを近づけるのはだめ(前傾姿勢)

0052

スナップショット 1 (2017-04-21 11-37)


プレジデント範士指導動画1  構えを作る

https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=ZOHnpjxhUN0

0052
0053

2.遠間から大きい面打ち
打った後、足幅を小さくして抜けて行く




0054
3.遠間から小さい面打ち





0055
4.間合いの出入りから面打ち   2本  2セット
4本とも、できるだけ違う入り方をする

0056
元立は、2本の内1本は”出小手”若しくは”間合いを余す”など意識して、自分の練習をしてもよい。
そういう意識をもってやる。

ただ単に打たせるのではない...
お互いが研究してみてください。

0057
打ち方に特徴があってもよいが、
竹刀を振りかぶると”顎”が上がる  あるいは振りかぶり振りおろしで頭が前後する人 
上体が前のめりになる  打った瞬間、打った後右半身になる人

理想の打ちは”中段に構えて 中段のままで「メン」 とほとんど変わらずに出る
これを基本で練習する

基本打ちで”上体を変えない”これを意識してやってください。


 00:57


スナップショット 2 (2017-04-21 11-38)

プレジデント範士指導動画2  理想の面打ち

https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=ncGm26CFd6k


0058


5.間合いの出入りから小手打ち  2本  2セット
上から、下から、押さえて反動を利用して打つ

0059

打突のリズムを変える
「右足→左足→打突」 となるのを 「右足→打突」 これもリズムを変えるという事!

小手はやり易いのでやってみてください。

0059


スナップショット 3 (2017-04-21 11-40)



プレジデント範士指導動画3  リズムを変える


https://www.youtube.com/watch?v=-f-QY1Qq6tg&feature=player_embedded


0060
6.小手・面 &  小手・胴


 後編につづく









































H29年模擬審査    京都審査を睨み「模擬審査」を実施

H29年4月19日(水曜日) 崇菱会  模擬審査

4月29日から始まる京都での審査を睨み、プレジデント範士による「模擬審査」を行いました。
その模様を動画で紹介します。

なお、この映像は”へたくそ剣道理論”とは反対方向から撮影しております。


Ⅰ.立会


1.6段受審者  5名による模擬   (審査日程:4月29日)

北国美男子 vs 庄原の☆
スナップショット 1 (2017-04-20 10-42)


https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=X3nI8blse9I



庄原の☆ vs 歌う剣士ジョセ

https://www.youtube.com/watch?v=9_mpAUP5PxQ&feature=player_embedded




マダム vs 歌う剣士ジョセ

https://www.youtube.com/watch?v=ec_ncrvoO4o&feature=player_embedded




マダム vs N井

https://www.youtube.com/watch?v=XArbNO6VHQc&feature=player_embedded




北国美男子 vs N井

https://www.youtube.com/watch?v=F_8fIlRJPlc&feature=player_embedded




プレジデント範士の評(6段受審者)

https://www.youtube.com/watch?v=qfxDaNgJKHU&feature=player_embedded




2.7段受審者   5名による模擬  (審査日程:4月30日)



県庁の☆ vs ミセス家庭科


スナップショット 2 (2017-04-20 10-44)



https://www.youtube.com/watch?v=uf4EC70WLnw&feature=player_embedded



松の廊下 vs ミセス家庭科

https://www.youtube.com/watch?v=WFrxW8YPQ_s&feature=player_embedded




松の廊下 vs フロント

https://www.youtube.com/watch?v=l-jWs-wLWOc&feature=player_embedded



局長 vs フロント

https://www.youtube.com/watch?v=frhdMo-u0TE&feature=player_embedded



局長 vs 県庁の☆



https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=y0wh4GpAT8M







プレジデント範士の評(7段受審者)

https://www.youtube.com/watch?v=LGFh_9jZBoo&feature=player_embedded




3.8段受審者 3名による模擬   (審査日程:5月1日、2日)


遠距離稽古 vs 会長

 スナップショット 3 (2017-04-20 10-48)



https://www.youtube.com/watch?v=POU95UNHuHo&feature=player_embedded



教授 vs  会長

https://www.youtube.com/watch?v=EmOxB7iHu5o&feature=player_embedded




教授 vs 遠距離稽古

https://www.youtube.com/watch?v=Xxn5McQ71Mc&feature=player_embedded




プレジデント範士の評(8段受審者)

https://www.youtube.com/watch?v=gmBb-NPBFic&feature=player_embedded




Ⅱ.裏撮り千本桜
プレジデント範士に掛かる...


1.ミセス家庭科

https://www.youtube.com/watch?v=mKpLGKZrn2U&feature=player_embedded



2.ミッキー

https://www.youtube.com/watch?v=jpRtkNM_qPA&feature=player_embedded



3.歌う剣士ジョセ

https://www.youtube.com/watch?v=rEFChyiO7DY&feature=player_embedded



4.鋼之侍

https://www.youtube.com/watch?v=W6dAd-XUKpQ&feature=player_embedded



5.ダイヤモンドM


スナップショット 4 (2017-04-20 10-53) 


https://www.youtube.com/watch?v=abSWLbWsEFw&feature=player_embedded






Ⅲ.管理人のつぶやき
京都で受審される方の全員の合格を祈念します!







桜      広島城周辺の桜前線は今...   

先日、広島城の”桜”撮影に...!
今年も満開の”桜”が所狭しと咲き誇っていました。

護国神社の境内では”広島護国神社奉納剣道大会”が行われており、
チビッ子達が元気いっぱいに飛び回っていました。

”桜”をバックに野試合もいいものですね。
管理人はず~~~と昔、三滝(西区)で野外試合をした事を思いだし非常に懐かしく何枚か撮影させて頂きました。

相変わらずの愚作ですが、3枚ほど掲載させて頂きます。
ご笑覧頂ければ幸甚です。



今年は昨年撮った枝に花が付いておらず、新しいアングルからパチリ!?

IMGL5825_convert_20170418203102.jpg 



広島城の”桜の窓”からお堀を見下ろしたアングルです。
多くの方が花見に来られて、広島の”桜”を満喫されていました!
IMGL5737_convert_20170418203046.jpg 




桜の陰から、チビッコ剣士を覗き見してみました。
大輪の花を咲かせよう!  今日の桜のように...!  
RIMGL5607(菫ョ謨エ1)_convert_20170418204112

基本稽古   後編    50%以上打ち込む...

H29年4月12日(水曜日)  崇菱会  基本稽古   後編


Ⅱ.基本稽古


0029

8.小手に対する対応  
  一本目: 後列:小手                     前列:打たれる
  二本目: 後列:小手                     前列:対応技
  三本目: 後列:前列の対応技に対する対応技    前列:二本目と同じ対応技

  3本  2セット

0030

対応技に対する対応技を出す場合、
例えば、「小手に対し 小手抜き面  抜き面に対し胴を打つ場合」
  小手の打ち方が50%以下で胴に変化しては良い稽古にはならない。

小手は少なくとも50%以上打ち込む...   そして胴に変化する。
但し、70%、80%いっては遅れる。

かといって、20%でいっては相手の技が止まる...
今は、約束だから打ってくれるが...

50%以下の打ちでは「だまし」になる。
小手を打つと「だまして」胴・・・

50%以上いったら、相手がその小手に動かされるから”胴”...
だから”胴”が決まる。  「切れ味が良い」

50%以下だと 見せかけでフェイントをかけていくこと...
剣道は子供の段階でもそうであるが、フェイントを掛ければ勝ちよと...!?

フェイントは私の理解では「50%以下の動きをして相手をだまして打つ」

50%以上の動きをする...  
これは「だまし」にはならない  相手を動かして打つ事になる

50%以下の動きから次の展開に行こうとする人がいっぱいいる。
これは出来るだけ戒めたほうがよい



スナップショット 1 (2017-04-17 20-44) 


プレジデント範士指導動画1    

https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=gqDTiQMaW0M


0032



9.面に対する対応技   3本  1セット
前列 面   後列  対応技

0033

掛手が”ガア~ン”と面に来たとき、対応する方はそれ以上でないと...
対応する方は、相手の勢い以上でないとなかなか一本にはなりにくい。

”面返し胴”でも打ちっぱなしではだめ、 打った竹刀を抜く動作まで必要(残心)
打った後の”決め”が必要

”決め”というのは「間合い」「打った後の太刀の捌き」こういったものを含めていう!


スナップショット 2 (2017-04-17 20-51) 


プレジデント範士指導動画2   


https://www.youtube.com/watch?v=76DG-O8Z7B4&feature=player_embedded






10.小手に対する対応技  3本  1セット





11.地稽古  2分  1人




Ⅲ.プレジデント範士稽古後の講話


スナップショット 3 (2017-04-17 20-52) 



始まりの時の話と関連しますが、終わった時 上座の先生方が面を取るまで待ちます。
これはどこの道場に行ってもそうなんですが、「先生が面を付けているのに先に弟子の方が面を取るには失礼にあたる」という考え方ですから...

一緒に始めて終わる時にも、先生から面を取ってもらってその後で「面取れ」の号令で弟子側も面を取るのは自然。
あるいは号令が無くても心がけてそのような流れでやる方法はある。

そのような場合は先に先生方が座って...     と思う。
どうも符合せぬ所があって、今晩は眠れそうにないのですが...(笑い)

今後の課題にしましょう!?


来週 第三週(4月19日水曜日)ですが、「立会」をやりましょう。
6段、7段、8段を受審される方は手を上げてください。  (約8名・・・)

45分くらいから、
少し基本を早めに切り上げて受審者の「立会」の練習をやりましょう。

受審しない人も勉強になるので見ておいて欲しい。
「立会」の練習をすることも大事ですから...






基本稽古    左手で自分の体を引っ張る...

H29年4月12日(水曜日)  崇菱会  基本稽古   前編



Ⅰ.稽古前のプレジデント範士講話

スナップショット 1 (2017-04-14 17-11) 

今日の基本稽古は、相手の受けに対してどう対応するか、対応に対しての対応技の練習をする。
そこを少し詰めてやりたいと思います。

今、気付いたのですが...
先生方が座られて、会員は一列ないし二列に並ぶが  
私の意識の中でそうしていますが、私が座って.. 会員が座って...

高校の教育でいろんな学校に練習試合にいきますが、会員側には先輩方から順次座っていきます。
”正座”の号令に呼応しザーット座る場合、”正座”の号令で「ハイッ」と返事して座る場合といろいろある...

今、気付いたのですが...
「先生方が先に座って待っておくのは普通なのかなあ~??」

本来的には、弟子のほうが先に座って 先生方が入ってきて座られて 始める...
これが普通(礼法に則った考え)ではないかと...
この方が当たり前ではないかなとフト思った!?

今ほとんどが、我々が座ったあとに学生が号令を掛けて座る...
違和感をもたずやっているが・・・!

今 思った・・・
「先に弟子が座って、お師匠さんが座って 始める」のが普通なのかなと・・・!?

私も答えを持ち合わせておりませんが、
そういった意味からもう少し迅速にパット並ぶようにしても良いと思う。

あまり「先生方が座った状態で長く待たせないように...」という気持ちをどこかに持って整列をする方がよい.
崇菱会のみならず、よその道場においてもそういった気持ちがあって良いと思います。

そう言ったことから「うちの道場ではこうしましょう...」という取組みをなされていくように考えられたらよいと思います。
さっきも言いましたが「これが正解、正しいよ...」という考え方ではありません。





Ⅱ.基本稽古
010

1.遠間からの大きい面   3本
打突後は左手で自分の体を引っ張る
右手で引っ張ると右半身になったりする

011
左手で引っ張ると...
体が真中を向きやすい
左肘が伸びる(肘が入り込む・当然親指も入り込む

013
高校生あたりは面を打った後、左拳を頭上に上にあげてその反動で体を前にだす癖が付いている。
左手で引っ張れと言えば、左拳が頭上に上がることは無い。

中学生、高校生にも「左手で体を引っ張る」指導をしても良い

015


2.遠間から小さい面   3本
竹刀のを振って、左手はアイテム1と同じ...

016
遠間から間合いを詰める時、スタートから打突までの歩幅は同じにする...
例えば、30Cm-30Cm-30Cm-30Cm・打突 (30・30・30・10ではダメ)

足捌きの練習をしているので歩幅を同じにしてスムーズに入る
下半身を崩して、上半身を崩さずは虫が良すぎる

下半身を崩さない状態を作っておいて、上半身を崩さず→打突
出来るだけ下半身を変えないように...


スナップショット 2 (2017-04-14 17-12)

プレジデント範士指導動画1 

https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=oUdXZMH_XGE

018

3.切り返し   1回

020

4.間合いの出入りから面   2本  2セット
4本とも違う入り方をする
入り方は違うが、打った瞬間は同じ!

022

元立は間合いの攻防から掛手が来たところを打たせるが、ただ打たせるのではなく”相手が打とうとするウの所をパット閃く...”  「来た・」  「今・・」

例えば、足をパット踏んで出小手を打つタイミングを「今ッ!」と感じるなど...
イメージのトレーニングを組み込んで練習する!


0024
5.小手打ち
小手を打ったら、そこに止まらず 入り込む! 又は 抜ける!




0025
6.小手→面   2本   2セット




0026
7.一本目: 後列:面                    前列:打たれる
  二本目: 後列:面                    前列:受ける or 応じる or 出頭
  三本目: 後列:前列の応じに対する対応技    前列:二本目と同じ対応技


  3本  2セット




プレジデント範士指導動画2  


https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=Jmxh_1gXRlA



0027

一本目:後列の”面あり”
二本目:前列の”応じ技あり”
三本目:後列の”応じに対する応じ技あり”

にならないとおかしい!




プレジデント範士指導画面3  

https://www.youtube.com/watch?v=GnEjhoLQdiM&feature=player_embedded


0028
三本目、後列は打突前に一本にするイメージを作っておく...




スナップショット 3 (2017-04-14 17-19)


プレジデント範士指導画面4 

https://www.youtube.com/watch?v=_2OJHguUJAs&feature=player_embedded




8.小手に対する対応




  近日公開予定の後編につづく








プロフィール

SKY

Author:SKY
広島県広島市にある道場です。

藤原崇郎 剣道範士八段を師範としてお迎えし、2008年7月にスタートした剣道場です。某社剣道部と近隣の剣道愛好家との合同稽古会として発足しました。

稽古場所:広島市西区 

稽古日:水曜日 19:00 ~ 21:00 (祭日は休み)

連絡先:090-3634-3403
     事務局 田坂


剣道に興味のある方は気軽にお越しください。
なお、海外および県外から出張・転勤等で広島に来られる方も歓迎しておりますのでぜひご連絡ください。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

日めくりカレンダー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR