FC2ブログ

光が織りなす幻想的な空間    「点灯~~~」    [コーヒーブレイク] 

「5・4・3・2・1・点灯~~」
11月26日広島市植物公園で「花と光のページェント」と題しの祭典が始まりました。

12月25日までの土・日・祭日に行われるようです。
初日は沢山の子供連れでごった返していました。

管理人もその中に紛れ込んで撮影開始
「イルミネーション」の撮り方忘れたなあ~~

会場内の雰囲気だけ紹介します。




キャンドルの巨大平面ツリー

IMGL1983_convert_20161128161852.jpg




向こう側では”ハートのトンネル”を家族連れが楽しそうに...

 IMGL1992_convert_20161128161914.jpg



ラノサウルス”が”翼竜プテラノドンを睨みつけています


IMGL2011_convert_20161128161938.jpg 




左上方は”ペットボトルのツリー
 

IMGL2029_convert_20161128162035.jpg 



少しズームを引いてみました
幻想的な世界です!

IMGL2031_convert_20161128162058.jpg 



”巨大リース”と”雪吊りのクリスマスツリー

IMGL2035_convert_20161128162123.jpg



右側には”星の降る丘”が...

IMGL2045_convert_20161128162147.jpg 



これ、なんだかわかりますか!   
”光の迷路”なんですぞ

IMGL2079_convert_20161128162206.jpg 



最後までご高覧頂きありがとうございました。


スポンサーサイト

おみくじ    「良いことがありますようにと・・・」 [コーヒーブレイク]

今日は400年余りの歴史を持ち、広島城跡に鎮座する護国神社のひとコマを・・・


巫女さんが勢ぞろい...
張りつめた空気から朝のお勤めのようです。
   

IMGL1034_convert_20161126144920.jpg




だれが結んだのか”おみくじ”が秋の空に栄えていました。
「良いことがありますようにと・・・」

RIMGL1037.jpg 




オオッツ  結婚式の記念写真の撮影が・・・
正面からの撮影はプロに対して失礼なので、後ろから”その影”を パチリ
想像してください...

  IMGL1039_convert_20161126144953.jpg



最後までご高覧頂きありがとうございました。




三滝寺の紅葉       心配ご無用   [コーヒーブレイク]

先週は管理人の所用で崇菱会を休み、昨日の水曜日(23日)は崇菱会の稽古がお休みで,結局2週続けて[コーヒーブレイク]ですが心配ご無用ですぞ!

来週からはまた「崇菱会」一色の記事となります。
しばしの休憩と思って頂ければ...



今日は三滝寺の紅葉
三滝寺は広島市街の北西、三滝山麓に位置し広島では有数の紅葉の名所となっております。

当日も多くの紅葉狩りの人でにぎわっておりましたが、少し時期が遅かったような...




山道から、多宝塔を見上げて!

IMGL1908_convert_20161124213606.jpg




山道の途中にある”茶屋”    
「人生の先輩(多分・・)ご夫妻が、ゆったりとした時間を過ごしておられました」


 IMGL1901_convert_20161124213514.jpg




一番目の滝です
「お地蔵さんに見守られて・・・」


IMGL1906_convert_20161124213540.jpg 




山道の途中には”ドラゴン”が
邪気を払っているのでしょうか?

IMGL1900_convert_20161124213451.jpg 



最後までご高覧いただきありがとうございました。





稽古お休みのお知らせ

先週の稽古終礼時に会長からご連絡しましたが、今週H28年11月23日(水曜日)、崇菱会の稽古はお休みです。
お間違えのないようにお願いします。

なお、来週水曜日(11月30日)は予定通り稽古を行いますので奮ってご参加をお願いします。
ご参考として「崇菱会 11月のカレンデー」を添付します。



SF2A8476(菫ョ謨エ1)_convert_20161121203026








匹見峡   布袋様先生を先頭に...  [コーヒーブレイク]

今日は布袋様先生と友人を誘って、島根県益田市匹見町に位置する”匹見峡”の撮影に行ってきました。
渓谷の真っ赤な紅葉をイメージして行ってみましたが、黄色に染まった落葉樹が多く期待した真っ赤な紅葉とは出会うことができず...

最近脚光を浴びている”クマ”を警戒しながら山道を歩くこと30分、渓谷が見えてきました。
”クマ”も冬眠に備え栄養補給に躍起となっている時期ですので、肉付のりっぱな”布袋様先生”を先頭に...

作品となるような写真ではございませんが、ご笑覧頂ければ幸甚です。



渓谷の一部を低速で切り取ってみました

 IMGL1816_convert_20161120163449.jpg



注ぎ込む白水

 IMGL1808_convert_20161120163410.jpg



岩場を縫うように流れる白い糸

 IMGL1809_convert_20161120163429.jpg




”静と動”
激流の傍でひっそりと咲くつつじ 

 IMGL1850_convert_20161120163608.jpg


清流の軌跡

 IMGL1822_convert_20161120163537.jpg


紅葉か  滝か  どっちが主役??

 IMGL1864_convert_20161120163626.jpg 


落ち葉のジュータン
  IMGL1799_convert_20161120163353.jpg


最後までご高覧頂きありがとうぎざいました。

威嚇     草原の暗殺者   カマキリ君 [コーヒーブレイク]

昨日の水曜日は所用で崇菱会を休みましたので、今日はSKY農園の片隅を静止画で...

ある秋の午後、SKY農園を散策していると台湾アサガオの葉に何かいます。

「草原の暗殺者」といわれる”カマキリ”です。
宮本武蔵と戦った、鎖鎌の使い手”宍戸梅軒”を思い出します。

カメラを向けると、こちらを睨み”威嚇”してきました。
茶色の環境で育ったのでしょうか、色が茶色になっています。

オスは交尾中にメスに食い殺されることがあるのだそうです...
怖いですねえ~~~

RIMGL1013_convert_20161117203952.jpg 



SKY農園の住民”イチジク”ですね...
秋晴れの空にその存在感を誇示していました


RIMGL0986_convert_20161117204010_20161117204127a46.jpg


基本稽古   後編   こんどは私がそれ以上のものをいきますよ・・・

Ⅱ.基本稽古    後編


ブログ11/13のつづき


4.前列は「間合いの出入りから面」  4本
  後列は「打たせてもよいし、押さえてもよいし、返してもよい、捌いてもよい 何をやってもよい」   
但し自分の体制が崩れてはだめ

面を仕掛ける方は、面はそこにあるわけですから「面に届かなかったり、滑ったり」してはいけない。
応じ技を出す方は、相手が面にくるのは分かっているので「一本にしなくては」いけない。
また、応じ技を出すが「体勢が崩れていては」意味がない。

仕掛ける方は、押さえられて体勢が崩れるようではだめ、また中途半端な打突もダメ、当たる当たらぬは別として何をされようが「打ち切る」


22:18

間合いが切れる所、ぶつかったり、中途半端な距離にならないように、相手が来ても届かないところまで行って初めて「残心」になる。


5.「面」を一本ずつ交代で打つ   4本   
  相手は対応技を出す(上記同様何をやってもよい)

まず ”合気”になって間合いの出入りをする...
合気→ハイで一歩詰める(対応側) →メーン(掛手)


気持ちを相手と会わせながら技を出す


スナップショット 2 (2016-11-14 19-35) 



プレジデント範士指導動画

https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=0UVXh6NMRIE




6.前列は小手     4本
  後列は対応技(何をやってもよい)




7.「小手」を一本ずつ交代で打つ  4本
  相手は対応技を出す(上記同様何をやってもよい)


35:08

8.「出小手」
相手が「面」に来たのを「小手」
「面」に誘って「小手」

「出小手」の場面で、相手が「面」に来ると想定していたが「小手」にきた、これに対し「相小手→面」になる打ち方が出来るとすばらしい。

「面」に来ると思って出小手」を打つ
「面」に来ると思っていたが違う動きをした、竹刀の動きが変わったり、 頭の位置が変わったり「面ではない動きをした」時に即「小手→面」に変化が出来ることがある。

これは普段練習をしておかないと対応できない。
そこを練習しましょう。

37:00


9.前列は「面」      2本
  後列は「出小手」

  前列は後の2本を「面 or 小手」を打つ(どちらに来るか分からない)
  後列はこれに対し「出小手又は相小手→面」で対応する

  「小手」に来たときに「相小手→面」が打てるかどうか...

  少し難しいがやってみよう


10.前列は「面 or 小手」    4本
   後列は「出小手又は相小手(手元を押さえる)→面」で対応する

   前列は最初から「面に来るか小手に来るか分からない」

   「面」に来たときは大体打ち抜けるが、「小手」に来たときは打突後とまってくれる。
   そこを「(相小手[手元を押さえる])→面」にいく

   これを覚えると楽

   剣道で言う「手元を押さえる」
   手元を抑えられると相手にとっては威力

   04:53


スナップショット 1 (2016-11-14 19-34) 


プレジデント範士指導動画

https://www.youtube.com/watch?v=34VPt7gZVOg&feature=player_embedded





11.地稽古   1人



Ⅲ.プレジデント範士稽古後の講話


スナップショット 1 (2016-11-14 20-57) 


審査が迫っていますからひとつだけ...    何回か話をする中で触れているとは思いますが,
実際の立会をやって、まじめな人ほど、正直な人ほど「アッ 打たれたなあ~~と表情に現れ、身体全体に出る。  こういう事が結構ある。

自分に嘘がつけない正直な人ほどそうなる。
だから尚更審査に通らない。

悪い言い方をするとズル賢い、打たれても知らん顔している人間ほど「周りから見ると動じていない」(ように見える)
本人も動じていないある意味、図々しいですから打たれても「なあに~~~俺の方がほら・・・」とやっているわけですから...

「あああ~~どうしようああ~~」との思いは、相手にも伝わるし審査員にも伝わってくる。

例えば4名でやっていてどれが一番いいかなと、〇を付けても(一番に)25%です。
少なくとも、4名の中で一番にならないと可能性(合格の)として出てこない。

例えば自分がBの場合 A&Cとやって両人より私の方が上ですよという状態を作らないと一番にはなれない。   わかりやすく言えば...

審査では、打たれた場合「ああいいとこです...」
しかし「今度は私がそれ以上のものを打ちますよ...」と  これでいいんです。

「あああ~~~・・・・」とポシャッテはだめ
弱気な気持ちでやるのと「今度は私が行きますよ」と言うのとはまるっきり違う!

「気持ちの強さ...」 それは稽古の中で想定しておかないと...

審査をしながらいつも思うが「まじめで一生懸命やる人ほど通らない」
こういう傾向が剣道でも多い

なぜか...    「自分を自分自身で責めすぎている」 
責めることは大事な事であるが、自分に自信が持てないような剣道を何時までやっていてもそこの問題は解決しない。
不安の中で稽古をやっていてもだめ

剣道の良いところは、未熟な所をいっぱい教えてもらって、自己反省をする機会をいっぱい作ってもらう。
それと同じくらい、それ以上に自信を持たせてくれるところを自分で作っていかないと、だれも作ってはくれない。

ここばっかり(悪いところばかり)やっている人はそこで止まってしまう。
自信が持てる方も自分で厚かましいくらいやっていかないと...

そうすることでバランスが良くなって、ここの(自信のもてる)方で稽古が出来るようになると楽しくなる。
そういう気持ちを自分で持ちながら...     
稽古でもそうですし、審査でもそうです。

打たれる事を恐れることは無い...   「よし、その代り 今度は・・・」
そういう割り切り方を...     バランスよくとはそういう事だと思う。


Ⅳ.副会長からの連絡

1.崇菱会の沖田先生(あえて実名で)が秋の叙勲で”瑞宝単光章”と言う名誉ある勲章を受賞されました。
 この勲章は、”公務等に長年にわたり従事し成績を上げられたかた方”に授与されると。

 拍手でこの栄誉を称えたいと思います。 
 パチパチパチ・・・・・・・・・」



  ”おめでとうござういます” 

 RSF2A8623_20161114210912f23.jpg




2.平成29年崇菱会新年会のご案内
 道場入口、及びブログ(11/5付)にも掲載しましたが、来週には参加記入用紙を全員に手渡します。
 プレジデント範士のミニ講話(テーマは後日)も予定しておりますので、ご多忙の中、奮ってご参加頂きますようよろしくお願いします。







基本稽古   前編    「曲がる・伸びる」の繰り返し...

H28年11月9日(水曜日)  崇菱会  基本稽古  前編


Ⅰ.プレジデント範士稽古前の講話

スナップショット 1 (2016-11-13 15-48) 


先週、11月3日 全日本選手権に行ってきました。今回はBSでも放映された。
例年と違って準決勝4試合全て勝負が早く着いた。

私(プレジデント範士)は審判主任だったので実際の審判はしなかったが... 
広島に帰ってビデオを見させてもらった。
例年に比べると長い試合はそんなに多くなかった。

先ほどもMr.SKY先生からも質問があったが、準決勝「勝見選手vs宮本選手」の対戦の”勝負”で宮本選手の”突き”に対し勝見選手が”引き面”を放ち、勝見選手の”面”が一本になった。

実際の審判をされた主審の先生と少し話をした。
ケースとして、
①”宮本選手の突きあり”
②”勝見選手の打った面あり”
③”どっちも取らない”(どっちも一本では無いという事ではなく、想定外で一瞬取る機会を逃して、後の面は「先の突きを取らなかったので取れないよね」と言う事で帳消しにしたようなケース)

しかし、全日本クラスであそこを上げない(旗を)というケースはほとんどない。
「突きを取るか、面を取るか」

私の(範士の)個人的な見方でいくと「あれでよかった」と思っている。
もちろん”突き”は先に打っているので、先に打った方が一本とう事であれば”突き”をとるが...

一本でないと判断したのはどうしてか?
ここでもよく話しているが”決め切れなかった”

ビデオを見ても”突き”を打った瞬間は部位を捉えているが、その後勝見選手の体捌きもよかったのであろうが、スッと外した(突きを)。
”突き”を突いたがグッと最後外された...

”突き”というのは、部位に当てて(突いて)引く...
その状態(引いた状態)で相手と縁を切って”一本になる”

その”引きが出来ない状態で”「引き面」を打たれた。
あの場合”突き”を突かれて体制が崩れていれば”突きあり”になるが、そうなる(体制が崩れると)と当然”面”は打てない。

反対に体制が崩れたのは”突き”を放った方...
テレビ解説では「残心を取る前に引き面を打たれた」と言っていたが、あのアナウンサーは剣道経験がありこの7~8年テレビ解説をやっている。
従って剣道の事はよく知っている。

知っているからこそ「残心が無いところを打たれましたね」という言い方をしている。

誤解を恐れずに言うと「剣道をかなり経験している人」は、後の”面”をとる。
剣道をある程度知っている人、やっている人は「突きが入っているのに..」という希望が強いと思う。

あの場面で「突きあり」で終わって  ううううん~~~、  と言う状況と、後の「面」で    おおお~~~、と言うのと、そんな感じの全体の雰囲気でした。  で、あれで良かったのかなと思っている。


突きが「不十分」という事は、一本の条件(充実した気勢、適正な姿勢、打突部で打突部位を刃筋正しく、残心)を満たしていない。 
「姿勢と残心」の所で外れたのだろう...

旗は引き面を打って”一瞬間をおいて上がった”  これは「面をとらねば... 」  という感じだったのだろう。

広島県から出場したY本選手は、一回戦で準優勝した国友選手と対戦し延長戦で10分以上の戦いをした。
よく頑張りました。



Ⅱ.基本稽古

1.切り返し
振りかぶる時、右肘が伸びたままで振りかぶり振り下ろす人。
反対に曲がったままで振りかぶり振り下ろす人。

どちらも弊害がある。

振りかぶった時は右肘は曲がっており、振り下ろした時は伸びているのが良い。
「曲がる・伸びる  曲がる・伸びる ・・・   の繰り返し」


02:37


伸びたまま、曲がったままでは、
”スピードが出ない”
”打った時のはずみが出ない”

打突で伸びた肘が、振りかぶりで曲がってくるから速い振りができる。
「曲げて伸ばす  曲げて伸ばす」 の連続

打突は「曲げている状態を伸ばす、伸びている状態を一回曲げて伸ばす」

03:22 

ここをメリハリを付けて稽古する事



スナップショット 3 (2016-11-13 15-56) 

プレジデント範士指導動画

https://www.youtube.com/watch?v=NHsfWKzFm6o&feature=player_embedded


2.打ち込み稽古

・面→胴→小手・面→小手・胴

大きくゆっくり    1人


小さく(先の振り上げの半分で...)早く   1人



もっと小さく(小さくに振り上げの半分で...)もっと早く  1人

スナップショット 2 (2016-11-13 15-51) 



プレジデント範士指導動画


https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=rzKu5lItwWE

12:00


3.間合いの出入りから”面”  4本

できるだけ、4本とも違う形で入って面を打つ
振り上げかたが変わっても良い  大きくいってもよいし 1/2振上げでも、1/4振上げでもよい

”難点は右足の踏込”
大きく行こうが、小さく行こうが、方向を変えようが 踏込を強く(踏込音を出す)

打突に足が遅れる人がいる  打った後に足が床に着く

剣道には”気剣体一致”の教えがある

反対に足が速くて手が遅い人がある


剣道の写真とかみていると「打突した瞬間はまだ足は着地していない」にある。
同時着地で打っているつもりであるが、少し手が早いケースが結構ある。

若い人ほどこういう傾向が強い
前に飛ぼうとするとどうしても足が少し遅れる


近間で打つ場合は「打突と足が同時になる」が...
基本的には「打突と着地は同時」


17:00


4.前列は「間合いの出入りから面」  4本
  後列は「打たせてもよいし、押さえてもよいし、返してもよい、捌いてもよい 何をやってもよい」
但し自分の体制が崩れてはだめ

18:42




近日公開の後編につづく











































































裏撮り千本桜 

H28年11月9日(水曜日)  裏撮り千本桜




この映像は”へたくそ剣道理論”とは反対の方向から撮影したものです。
いろんな角度からご自分の剣道を検証してみてください。


Ⅰ.プレジデント範士にかかる!
 

今日は第2週なので60歳以上のシニア軍団


1.錦帯橋八段

スナップショット 1 (2016-11-10 11-39)

https://www.youtube.com/watch?v=utp3xqeXES0&feature=player_embedded




2.フロント


https://www.youtube.com/watch?v=zGU9Hrj-bNo&feature=player_embedded


3.局長

https://www.youtube.com/watch?v=QrVz8fSkDdg&feature=player_embedded


4.松の廊下


https://www.youtube.com/watch?v=kEZQMnpv_E4&feature=player_embedded



5.お銀姉さん

スナップショット 2 (2016-11-10 11-47)

https://www.youtube.com/watch?v=X4EPQr300vA&feature=player_embedded


6.布袋様

https://www.youtube.com/watch?v=yqJCaPhVjrQ&feature=player_embedded



7.Mr.SKY

https://www.youtube.com/watch?v=oQnVLOM006M&feature=player_embedded


8.Mr.あられ

https://www.youtube.com/watch?v=5s_vvDcs408&feature=player_embedded


9.沖のカモメのジョナサン

https://www.youtube.com/watch?v=q0JcIBjHz7c&feature=player_embedded


10.H出さん


https://www.youtube.com/watch?v=VDcvrFMurds&feature=player_embedded


11.教授


https://www.youtube.com/watch?v=A6KnDZVou1M&feature=player_embedded



少年少女剣道大会  パート2  [コーヒーブレイク]

 管理人が捉えた駆け出し”カメラマンの




”素直愛”

同門の先輩から後輩へ...  

先輩剣士「こうやって着けるんよ・・・」
後輩剣士「ウン・・・ (ありがとう)」



IMGL1331_convert_20161109093840.jpg 





”秘剣 竹刀割”

おおおりゃ~~~」 

「どうじゃ~~~  まいったか~~」  






IMGL1524_convert_20161109093905.jpg 






プロフィール

SKY

Author:SKY
広島県広島市にある道場です。

藤原崇郎 剣道範士八段を師範としてお迎えし、2008年7月にスタートした剣道場です。某社剣道部と近隣の剣道愛好家との合同稽古会として発足しました。

稽古場所:広島市西区 

稽古日:水曜日 19:00 ~ 21:00 (祭日は休み)

連絡先:090-3634-3403
     事務局 田坂


剣道に興味のある方は気軽にお越しください。
なお、海外および県外から出張・転勤等で広島に来られる方も歓迎しておりますのでぜひご連絡ください。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

日めくりカレンダー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR