払う・巻く・押さえる

 1月27日(水曜日)の崇菱会


基本稽古編

スナップショット 1 (2016-01-29 12-46)基本 



・稽古前のプレジデント範士お言葉
  払って「面」 払って「小手」は、ほとんど使わない。

  払うという事は(行きますよと)相手に教えている
  よなもの。

  だから「受けられる」「返される」

  「今から行きますよ」の払いになっている。
  従って効果が出ない。

  子供の場合は、払って相手が竹刀を返すより
  早く打てる...   だから多少使える

  しかし、一般が相手となるとそうはいかない。

  考え方として、払いの中に「張る」「巻く」「押さえる」
  がある。

  一般との稽古の中では「張る」「巻く」「押さえる」が  
  効果が上がる。

  動作は「二足二刀」であっても 気持ちの中では
  「一足 二刀」

  自分で繰り返し稽古する。



・基本稽古


 ①切り返し
   左右面げ手打ちになっている人が結構いる
   体全体を使って大きく打つ


 ②間合いの出入りから「面」  2本2セット
   遠くから打つと「力強い面打ち」ができにくい

   「早く打てて」「強く打てて」「体制が崩れない」
   間合いを自分で探す

   最初は「近間」からだんだん遠くして打てる
   限界を探る

   
 ③一本技・連続技(面・小手・胴・小手→面)
       今は「懸り手」が打ちたいときに打ちをだし
   元立が打ち出す兆しで部位を開けている

   元立は打たれるだけとなっている
   

   本来は「懸り手」は「元立」が部位を空けた所  
   をすかさず打つ  これが基本

   「懸り手」がすかさず打てない時があるが
   これは「元立」に問題がある事が多い

   「元立」は「合気」になって「上手に打たれる
   こと


 ④払い「面」   2本2セット
   一足一刀の間合いから、払いながら入って
   「面」  

   払う時は、まだ右足は動いていない方が
   一致しやすい

   理想は、まず右足に体重を乗せた状態で
   払う動作に入り、気・剣・体一致の「面」を
   出す、であるが、この場合、足が先に着地
   する傾向にある。


   今日は、一足一刀の間合いに入る時に
   「払い」次の踏込で「面」を打つ(2足2刀) 
   →これが基本
   
   裏から「払う」場合も同じ

   「払って」一歩入った時に「中段の構え」の形を
   出来るだけ作る  自分の竹刀は「真ん中」

   「払う」動作は「左手」はほとんど動かさない、
   右手だけが動く

   手の「甲」で払う


https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=ttVfeaoI1ec




   「払って」→「面」の時間を出来るだけ短くする


https://www.youtube.com/watch?v=4sWZRAj8yYU&feature=player_detailpage


   「払い方」は相手の竹刀を「真横に払う」のが
   相手が一番対応しにくい

       払う位置は「相手の鍔元」(に近い方)がよい

https://www.youtube.com/watch?v=5ndMm2K5YRc&feature=player_detailpage



  ⑤払い「小手」     2本2セット  
    小手の場合は「一足二刀」ができる
     (「面」の一足二刀はやりにくいが)

    「払い」は真横に払う(面と同じ、効果が大きい)
    (払った後の竹刀は、中心にあること)

    手元が硬い人より柔らかい人の方が効果大

    「下から払う」方がやりやすい
    (自分の竹刀を一旦下に下げ真横に払う)


    ※ 「間合いの攻防」で小さく「張る」「押さえる」
       「巻く」はいっぱいある

       こうすることで相手の反応が良く見える
           
       「間合いの攻防」ではこの動作が必要
   
       「間合いの攻防」で「足も動かない」
       「この動作もない」では、何の意味もない

       これが「払い技」の”入口”


  ⑥表から押さえて「小手」or「小手→面」  2本2セット
    表から押さえて、相手が竹刀を戻した刹那に  
    「小手」or「小手→面」を打つ

    ※ 押さえは、表から押さえて「入り込む」
       押さえて反応が無ければそのまま「面」
       押さえて反応があったら「小手」or「小手→面」



  ⑦表から押さえて「小手」(反応がある時を想定)
    表から押さえて「面」(反応が無い時を想定) 2本2セット

    
・地稽古
   1月28日付ブログ参照ください


・稽古後の範士お話
   今日の稽古で感じたことは「合気」になっていないこと。

   「合気」を外せば打たれないとか、逆にそこが打つ
   チャンスになるとか...  一つではない。

   そのきっかけは「合気」になって上手に打たれること。

   剣道形も同じで「機を見て打つ」 機を見てとは「相手の
   状態を感じて」の意
  
   「払う」「押さえる」は相手の気持ちを読むところに
   使われる。  そうすることでやり取りが楽しくなる。
   
   剣道は「相手とのやり取りの中で」技が決まる

   そのきっかけを作るのが「払う」「巻く」「押さえる」


・会長からの連絡事項
   2月は予定通り毎週水曜日は稽古を行います。


・事務局からの連絡事項
   1月30日、31日の遠征の件
     8時15分に三菱会館駐車場に集合
     その後、皆で揃って構内に入り荷物を
     積み、一斉に構内から出発する。

     予定外の事が起きた場合は、必ず
     事務局に連絡を入れて下さい。


・管理人からの連絡


     運転される皆様、途中無理をしないで
     「安全第一」で行きましょう。

     よろしくお願いします。













   
    




  
  
スポンサーサイト

裏撮り千本

H28年1月27日(水曜日)の崇菱会

まず、プレジデント範士と会員との地稽古動画
を掲載します。

この動画は姉妹ブログである”へたくそ剣道理論”
とは反対方向から撮影したものです。
”裏撮り千本”(仮称)として会員の皆様の剣道向上
のため試験的に掲載しているものです。

自分の剣道をあらゆる方向から眺め検証するのも
剣道上達への一歩かと...


1.プレジデント範士に懸る

(1)会長

SF2A5758_convert_20160128111030.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=ab4Z7WGiwl0&feature=player_detailpage


(2)お銀姉さん


https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=9acm7xwEU-Q


(3)ZOO


https://www.youtube.com/watch?v=3AX8NyJcwt4&feature=player_detailpage

(4)松の廊下



https://www.youtube.com/watch?v=jbwVjOd9-HU&feature=player_detailpage


(5)福ちゃん

https://www.youtube.com/watch?v=blwvb3BkSWQ&feature=player_detailpage



(6)Mr.SKY


https://www.youtube.com/watch?v=Ddc7OLOQ54s&feature=player_detailpage

  範士 評
     打ちだしで頭が下がっている。 連続技を出すときも同じように
     打ち出しで頭が下がる。 平行移動するのが理想。

  Mr.SKY のつぶやき
     プレジデント範士のお言葉は心に響く!
     範士のご指摘の通りで、自分は打ち出す時 左足の
     「ひかがみ」が折れる癖がある。
     何とか直したいと思っているが、一度付いた癖はなかなか
     治らない。
     これを機に他を犠牲にしてでも、今年一年かけて是正に
     取り組む。  


(7)局長

https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=jmywllvruoQ

   今年こそは七段合格を...


(8)あられ


https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=mtKGYv-9eqU

https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=fzECqHN27IA

   後半の打ち込み、頑張りました。



   基本稽古は追って掲載予定...

力を抜く...  (崇菱会 2016.1.20)

1月20日(水曜日)の「崇菱会」 基本稽古編



・稽古前のプレジデント範士講話

  先週に続き「連続技」を行います。

  連続技の基本的な考え方は、最初の打突より
  次の打突が強いこと、三の太刀は更に強い打ち
  を出さないと意味がない。

  (最初のだ打突が70点で、連続した次の打突
   が60点では意味がない。次は71点以上が
   必要条件...)

  小手→胴 の連続技は手首の返しが必要

  打った瞬間に手の内を締め、瞬間的に抜く...

  力を抜くという事が大切

SF2A5636_convert_20160124135843.jpg

・基本稽古

 ①切り返し   
  

 ②「面・小手・胴・突き」(木刀による基本稽古を想定)

   間合いの「出入り」をしながら仕掛ける

   「胴」右に抜ける又は左に抜ける
   「突き」は胴突きとする(胴の繋ぎ目付近を突く)

   →間合いの「遠いい所」から打つ 
     歳を重ねるとだんだん近間になるが、体制を
     崩さず出来るだけ遠くから打つ

   →打突は「相手に正対して」打つ (面、小手、突き)


https://www.youtube.com/watch?v=9x_2ZymKVt4&feature=player_detailpage


  ③「小手→面」 (連続技)   2本2セット
    
   →「小手→面」の考え方は「小手」が外れた時に
    「面」で仕留める技

     元立は「小手」を打たせるか、「小手」を抜いて
     「面」を打たせるかを工夫する


https://www.youtube.com/watch?v=pAa9XCV1aYI&feature=player_detailpage

     
  ④「小手、小手→小手」
     一本目:元立は小手を打たせる
     二本目:元立は下がって「小手」を抜き「面」を
          打つ (掛手:出小手を打つ)

     最初の「小手」より次の「小手」が威力がないと
     ダメ

https://www.youtube.com/watch?v=iuQTXOO9gWw&feature=player_detailpage





     「小手抜き面」に来られても「小手→小手」が
     早い(出小手が打てる)事を知る



https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=Y5jKUuc5cE4



  
  ⑤「小手、小手→胴」
    一本目:元立は小手を打たせる
    二本目:元立は下がって「小手」を抜き「面」を
         打つ (掛手:抜き胴を打つ)


    「小手→出小手」より決まりやすいはず!

    「胴」は多少遅れても打てる


https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=WpZKMbu9Q_I


    ※「小手抜き面」にも二通りある。 一歩引きながら
      竹刀を上げて小手を抜く場合と 一歩引きながら
      竹刀を下げて小手を抜く場合がある。

     
      竹刀を上げた場合:小手→抜き胴が適している
      竹刀を下げた場合:小手→出小手が適している

      →相手の動きに合わせて技を選ぶこと  

        これが瞬時にできるように稽古を積む
    

https://www.youtube.com/watch?v=xaY00q_dOCs&feature=player_detailpage




    ⑥「小手、小手→小手」or 「小手、小手→胴」
      どちらでも良い


      一本目の「小手」と二本目の「小手」が同じ
      強さの人が多い。

       →一本目より二本目の「小手」は更に強く
         鋭く打つ

          「小手→ 小手~ッ 
      
         これが絶対条件

        
※この発声に付いて剣道形を例にとって説明があった


     ⑦「小手→胴→面」
        胴は真っすぐ入って、相手の「右胴」を打つ(前胴で
        はない)
     
        最初はゆっくりでもよい


        「小手→胴」 の間隔より 「胴→面」の間隔が
        長い人が多い (良くない)

        「胴→面」の間隔の方が短いはず...

        まず同じ間隔になるようにやってみる

        最後の「面」のほうが声も高くなるはず(意識する)
           

・地稽古


SF2A5642_convert_20160124135859.jpg

    1月23日付ブログを参照ください。


・稽古後
   一本打ちを打ち切ることは大事だけれど、線香花火
   で終わらないこと。

   一本目が外れても二本目、三本目があるるよと...

 
   一の太刀が外れたら直ちに二の太刀を出すように訓練
   する。
   
SF2A5653_convert_20160124135915.jpg






「裏撮り千本」

1月20日(水曜日)の「崇菱会」

「へたくそ剣道理論」とは反対方向から撮影した
プレジデント範士と会員との稽古動画をブログに
掲載して欲しいとの依頼がありますので、試験的
「裏撮り千本」(仮称)として掲載してみます。
 参考までにご覧ください。


所用でブログ更新が遅れたため、今日は」いきなり
「範士と会員との地稽古」動画を掲載します。


基本稽古は追って掲載予定...



・プレジデント範士との地稽古(H28.1.20)


SF2A5641_convert_20160123132051.jpg 




(1)坂東武者

https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=DFMh5uDyOGo

(2)マニアックM

https://www.youtube.com/watch?v=3w8dMe39raw&feature=player_detailpage

(3)雪国美男子

https://www.youtube.com/watch?v=dumd-QWghlU&feature=player_detailpage

(4)県庁の☆

https://www.youtube.com/watch?v=QA7XxpmGXO4&feature=player_detailpage

(5)琴姫七変化

https://www.youtube.com/watch?v=lLMyz3w995s&feature=player_detailpage

(6)カープ武蔵

https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=WxKlaZHkB3Q

(7)剛の剣士

https://www.youtube.com/watch?v=q1Yzei7SwbU&feature=player_detailpage

(8)天女

https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=JGVvpLzb9BI

(9)Y剣児会

https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=UWmcTRfvxss

(10)ハンサムM

    プレジデント範士の火を噴くような凄い「突き」に
    対し、愛弟子ハンサムM先生のアクションが
    すごく印象に残りました。

    師弟の揺るぎない強いを感じました。

https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=rr2qe2nZdzE









オスプレイ (osprey)   [コーヒーブレイク]

今日は剣道の記事が無いので”オスプレイ”

沖縄に配備され日本でも有名になった垂直離着陸
可能な航空機”オスプレイ”はタカ科の鳥である
「ミサゴ」の英語名が由来です。


「ミサゴ」は空中で静止する”ホバリング飛行”や
”急降下”が可能な鳥ですね。


一日中撮影しても飽きない鳥です。
観察してみると急降下して必ず獲物をゲットする鳥と、
何回も失敗する個体がいることに気が付きました。


剣道も”仕掛けて仕損じなし”といきたいものですね。


またまた愚作ではありますが...


    
 ミサゴの”ホバリング飛行”です   突撃の機会を窺っています。
  あの”オスプレイ”に似てますね

RIMG_4838_convert_20160118105408.jpg



   急降下から獲物をゲットしました。

 RIMG_4808_convert_20160118105420.jpg


   大きな魚です...      魚影からチヌでしょうか?

RIMG_4806_convert_20160118105443.jpg 




  ミサゴはゲットした獲物を”縦方向”にして運ぶ習性があります。


RIMG_4752_convert_20160118105507.jpg 



 今年もまた、剣道の審査が始まりますが”ミサゴ”に負けないよう
 全員合格といきたいものです。




・管理人からの連絡

  今週1月20日(水曜日)は予定通り稽古を行います。

  プレジデント範士は通常通り来られますので振って
  ご参加いただきますようご案内申し上げます。



  また、新入会員も随時受け付けておりますので
  剣道に興味をお持ちの方はぜひ「崇菱会」の
  門を叩いてみてください。


崇菱会 初稽古  [付録]

1月13日(水曜日)の崇菱会 初稽古は偶数週、
従ってプレジデント範士と稽古ができるのは
60歳以上のシニア...


管理人も初稽古は何としても”プレジデント範士”と、
心に決めておりましたが、競争が激しく内気な管理人
は上位に並ぶことが出来ず再来週の稽古に掛ける
事になりました。

新年の崇菱会の初稽古を記念し”プレジデント範士の
今年一番の戦う目”を静止画で、 ”範士に稽古を頂く
ための競争風景” ”プレジデント範士との稽古”を動画
でプレゼントします。




注)範士との稽古は「へたくそ剣道理論」とは反対の
  方向から撮影したものです。 ご参考にしてください。



1.プレジデント範士の今年一番の”戦う目”

SF2A5498_convert_20160115142607.jpg



    錦帯橋八段との”戦いの目”を撮影しました

 SF2A5491_convert_20160115142630.jpg


2.範士に稽古を頂くための競争風景

 崇菱会は今年も元気いっぱいですッ!

https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=ysCroarjqcY





3.プレジデント範士との稽古


(スペシャル)錦帯橋八段

https://www.youtube.com/watch?v=u6tOYnrmOGc&feature=player_detailpage




(1)土建屋先生


https://www.youtube.com/watch?v=wWeTVTQzSuA&feature=player_detailpage



(2)お銀姉さん

https://www.youtube.com/watch?v=M_A2CGtpT4o&feature=player_detailpage




(3)松の廊下先生

https://www.youtube.com/watch?v=jNOBJ0qtwuM&feature=player_detailpage




(4)あられ先生

https://www.youtube.com/watch?v=Cz-iB7dbcGs&feature=player_detailpage



(5)局長先生

https://www.youtube.com/watch?v=Fo9WewZqO8o&feature=player_detailpage




(6)布袋様先生


https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=CRpvnp-XAwU


(7)ハムエッグ先生

https://www.youtube.com/watch?v=48QhroXVW0U&feature=player_detailpage






「崇菱会」 初稽古ダア~~~

1月13日(水曜日) 「崇菱会」の初稽古

RRRSF2A5514_convert_20160114215320.jpg  


始めにプレジデント範士のご挨拶から

「先週の稽古及び県の稽古会にも多くお集まり
 頂きました。あらためましておめでとうございます。

それぞれが課題を持って取組まれると思いますが、
例えば、自分にとってどうして剣道が好きなのかな
と言うような解りにくいような目標をを追いかけなが
らやるのも一つでしょうし、何か目的があって
それに向かってやろうとする者、あるいは試合で
去年負けた悔しさを今年一年かけて対処する、

それなりにあっていいと思うんですが、
それぞれの目標があってそれに近づいて行くような
心に中でお互いが刺激を受けながら進めていくのが
良いんだろうなと思ってます。

今年一年怪我なく健康で頑張っていきましょう。」



・基本稽古

  ①遠間から大きい「面」打ち   3本
    ・打った後(気を)抜かないように(残心で完結)

  ②切り返し
    ・自分のリズムで良い

  ③間合いの出入りから「面」   4本
    ・出来るだけ入り方を変える

  ④「小手」打ち または 「小手・面」  4本


  ⑤「胴」打ち (右と左に抜ける胴打ち)
    ・一足一刀の間合いから「胴」を打つと「気・剣・体」
     の一致ができにくい。
     一歩前に入って「胴」...(気・剣・体 が一致しやすい)


    ・抜き「胴」などは「胴」を打って(相手の)左に抜けるが、
     「胴」を打って(相手の)右に抜ける時は進行方向
     に足を向ける。

    ・相手の左に抜ける「胴」は相手の「前の胴」を打って
     いる。 「右の胴」を打つようにする。

    ・右に抜ける場合と、左に抜ける場合の踏込む足は
     出来るだけ同じが良い。

    ・左に抜ける場合は、(極端に言えば)相手が通り過
     ぎた後、「胴」と相手の「前・胴」を打っている。

      →右も左も、相手の「前」で(「胴」)打つ

     
    ・応じ「胴」でも、相手の「右横・胴」を打とうとすると  
     (応じる動作が)早くなる。

      →「前・胴」を打とうとすると(応じる動作が)遅くなる。



   ⑦「突き」
     ・「胸突き」を行う
       →中段の状態で「腰」を出し、「剣先」が胸に届いた
         瞬間に両手を少し名に出しながら「絞る」     

         手のみを前に出して付かない。必ず「腰」で突く

         突抜いた瞬間に「引く」
           →突きっぱなしにしないこと

     ・一歩入って「突く」   4本
     
        (裏技:弦を下側にして突くと先皮が強く、破れない)


       →突く瞬間まで左拳と体の距離はほとんど変わらない
         

    ⑧「小手・面」
      ・小手を打たせる時は「剣先」を上げる。竹刀を横に
       持ってこないこと。

       →竹刀を横まで持っていき「小手」を空けると、打つ方
        は真っすぐ振らなくても当たる(良い稽古にならない)

        竹刀を平行に振らせるために真っすぐ上にあげる

       →「小手・面」を打たせた後(普通は相手を自分の左
         に抜けるように体を捌いている)相手を自分の
         右に抜けるように体を捌いても面白い。
       


    ⑨「小手・小手」  (連続技)
       ・稽古を見ると「一本にならない」(打ちとなっている)
        一本目が鋭い、二本目が弱い打ちになっている。

        一本目が80点、二本目が60点の打ちになっている。
        こんな連続技はあり得ない。


        →最初の小手が80点であれば、次の小手は最低でも
          81点でないと意味がない。
       
          二本目が「継いで」の打ちになっている。
          これでは連続技の意味がない

        →一本目を鋭く打って、二本目はそれ以上の打突
         とする。


      ⑩「小手・小手・小手・面」 (連続技)
        小手をしっかり打って、なお確実な「面」を打つ

        →小手・小手・・・ は大きく踏み込まなくて良い
         (小さく小刻みに..)

        →小手・小手・小手・面 のリズムは同じが良い

          悪いのは「小手・小手・小手~~面」
          これでは実戦で通用しない


          最後の「・・・小手・面」の間隔が早いのはまだ
          良い。
         
          ※元立は相手はどうすれば打ち易いのか工夫
            する。



       ⑪「小手・胴・面」 (連続打ち)
         竹刀の返しが重要
         元立は打てる間合いを作ってやること


         今日(範士が)感じたことは
         ・打突で上体の崩れる事が多いい中、連続技を
          やってみて変わらなく(崩れなく)なった。

         ・小手・小手・小手 が確実に打てるようになった。

          連続技は意識的にやるべきと...


・地稽古
   今日のプレジデント範士への一番掛は”錦帯橋八段”です。

   錦帯橋八段先生、今年もご指導よろしくお願いいたします。

 SF2A5493_convert_20160114214643.jpg



SF2A5490_convert_20160114214630.jpg


・稽古後の会長連絡事項
   1月Eの合宿の時の地駐車場に付いて連絡した。
   構内に駐車するため、配布した用紙に氏名、ナンバー
   等必要事項を記入願います。




今日は崇菱会の初稽古なので恒例となっている「集合写真」
を撮った。

    集合写真はブログ頭に掲載しました。









マリーナホップの今...


今日は剣道の記事がないので”広島マリーナホップ”に
隣接する”ヨットハーバー”のイルミネーション...

西区観音新町にある総合レジャー施設です。

今ヨットハーバーでは”おとぎの国”を彷彿させるような
イルミネーションが出現しています。

イルミネーションをどのように撮影すれば良いのか
未だわかりません。   雰囲気だけを...


   画面右側に丸く見えるのは「観覧車」です

SF2A5424+SKY_convert_20160111193831.jpg 





・管理人からの連絡


   ご承知のように、今週1月13日(水曜日)は崇菱会の
   「初稽古」です。
   プレジデント範士は通常通り来られます。

   万障繰り合わせの上ご参加いただきますよう
   お願いいたします。


新春の自由稽古

  
1月6日(水曜日)はプレジデント範士が出張で不在
のため自由参加、自由稽古とした。

自由参加にも係らずや40名近くの会員が集まりました。

会長の挨拶に続いて、各自の基本稽古を約20分
その後は午後9時近くまで各自の地稽古を行った。


今日は管理人も稽古で忙しく、一眼レフによる撮影が
できなかったため、ビデオ映像の画像を静止画処理し
添付します。


スナップショット 1 (2016-01-07 22-00) 




次からの映像で自分がどこにいるかわかりますか? 

必ずいます。


管理人の基本稽古のお相手は”あられ六段先生” 
”あられ六段”とは何十年も同じ釜の飯を食ってきた中で
成長著しく気合の入った稽古をさせて頂いた。

スナップショット 1 (2016-01-08 15-50) 石川 




次のお相手は”山本山先生” 最近開眼した”面打ち”を
再現すべくお互いが”面打ち”のみの稽古を行う。


スナップショット 3 (2016-01-08 15-53)山本 



三番勝負は”局長先生” 今年こそは”七段合格”を切に
祈念します。

スナップショット 2 (2016-01-08 15-53)川本 




四番勝負は”H先生” 打突が早い~~  さすがに若手
のホープですね。  崇菱会に一回でも多く参加される
事を期待します。

スナップショット 5 (2016-01-08 15-59)林 2 



五番勝負は”F本先生” 昨年崇菱会に入会され一回も
休むことなく参加、六段に向け最接近中ですね。

スナップショット 7 (2016-01-08 16-11)福本 2 



六番勝負は”ダイヤモンドM” 構えもいいし打突が早い。
面を何本か頂戴しました。 三菱広島剣道部の要
で業務も多忙ですが早く五段をとって欲しいですね。

スナップショット 1 (2016-01-09 9-34)三上 



七番勝負は”ミセス家庭科先生” 構えが大きく崩れない
安定した剣道をされますね。今年こそは七段に昇段
されますよう応援してます。

スナップショット 2 (2016-01-09 9-48)金村


八番勝負は昨年七段に昇段された”T橋先生”新進気鋭
の七段。 背が高いしまた剣が早い。「合気」の充実した
稽古をさせて頂きました。一回でも多く崇菱会に顔を
だして頂きたく。


スナップショット 3 (2016-01-09 10-01)高橋 



九番勝負は待望の”お銀姉さん” いやあ~~攻めら
れっぱなしでした。さすが崇菱会の看板剣士ですね。
管理人は七段取得まで”お銀姉さん”には随分と励まし、
激励を頂きました。生涯忘れる事はありませんね。

スナップショット 4 (2016-01-09 10-20)清光 



十番勝負は“杜の都先生” 背が高いし構えもりっぱ。
これからの崇菱会を背負っていく有望な若手剣士ですね。
いい面を何本か頂戴しました。


スナップショット 1 (2016-01-09 16-19)田中 



  各先生方には、新年早々充実した稽古を頂きお礼申し上げます。
  「ありがとうございました」




 稽古後の礼です  ビデオを固定しているため中心から外れて
 いますが、ご容赦ください。



 スナップショット 1 (2016-01-07 22-09)
 



  先生方にコメントを頂いています。


スナップショット 2 (2016-01-07 22-10) 





 サア~~~(卓球の愛ちゃんではありませんぞ)いよいよ
 来週1月13日(水曜日)は
崇菱会の初稽古
 です。
 プレジデント範士は通常通り来られます。
 
 万障繰り合わせて参加頂きますよう、
 ご案内申し上げます。










初春の厳島神社

大晦日に続いてまたまた宮島...

写友から2016年1月3日は「元始祭」終了後「舞楽奉奏」
が行われる、との連絡を頂き早速出かけました。

正月3日目ですが宮島の商店街は初詣客でごった返
していました。

マメラを背負い重い三脚を片手に、人をかき分けながら
やっと厳島神社に到着。

すでに多くの初詣客、カメラマンが陣取っておりました。
管理人は正面からの撮影をあきらめ、側面からTryし
ました。

愚作ではありますが、ご高覧頂ければ幸甚です。


   蘭陸王[らんりょうおう] 中国の蘭陸王の武勲を
   称え作られたと...

SF2A5297_convert_20160104145814.jpg 
 



 舞楽を撮影後、弥山からの夜景撮影に挑戦しようと思
 いましたが、ロープウエイ下山の最終時間が17時と...

 ”これに乗り遅れた方は徒歩で下山ください”の注意書き。

 真っ暗な中、道も分からない中、一人でカメラ担いで
 下山???
 年齢を考え今回はあきらめ、厳島神社回廊の夜景撮影
 に切り替えました。


      18時少し前に撮影した”闇の中から染み出た回廊”です
      
 SF2A5364_convert_20160104115831.jpg



     この日は潮の加減も良く、 燃えるような回廊が浮き出てきました

SF2A5381_convert_20160104115845.jpg
 


  ご高覧頂きありがとうございました。



プロフィール

SKY

Author:SKY
広島県広島市にある道場です。

藤原崇郎 剣道範士八段を師範としてお迎えし、2008年7月にスタートした剣道場です。某社剣道部と近隣の剣道愛好家との合同稽古会として発足しました。

稽古場所:広島市西区 

稽古日:水曜日 19:00 ~ 21:00 (祭日は休み)

連絡先:090-3634-3403
     事務局 田坂


剣道に興味のある方は気軽にお越しください。
なお、海外および県外から出張・転勤等で広島に来られる方も歓迎しておりますのでぜひご連絡ください。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

日めくりカレンダー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR