FC2ブログ

竹刀を刀として...

稽古前のプレジデント範士のお話

  今日の基本稽古は「自分の剣道の見直し」
  ”竹刀を刀とみなして扱う” すべてにおいて”刀”としてみなす。

  見直しをはかってみます。

  反り、凌ぎ、刃をどれだけ意識できるか。

  「反り」があるとはどういう事なのか
  「凌ぎ」「刃」はどういうものなのか

  竹刀は「弦」を上にしてもつ、 「上が峯」 横の2本の竹が
  「凌ぎ」 下が「刃」という事になる。

 
   昔は「合掌握り」から、左右の手をずらせて持つよう指導した。

  「手」で言えば「小指」が刃、人差し指が「峯」、甲が「凌ぎ」
  こういう共通の考えのもとに、稽古する。


  
・基本稽古

  ①切り返し
    「反り」を意識しながら、小さく竹刀を上下に振ってみる、次に
    大きく竹刀を振ってみる。

    同じ要領で、左右に振ってみる。



        プレジデント範士の指導動画を掲載します


https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=CDhHz8_-k2A
    




  ②遠間から大きい「面」
    竹刀が上がったら、振り下ろす。
    
    小指を意識して振れば、腕の下筋を使うことになりスマート
    な振りになる。
    親指と人差し指に力が入ると、腕の上筋を使うことになり、
    腕力で竹刀を振っている。これは良くない。

    「反り」をうまく使いために、手首のスナップを利かす。
    そうすることで打ちが「伸びる」、竹刀の先が「振れる」

    但し、違いは「竹刀は押切」、「刀は引き切」ここが違う。

    まず、下の筋肉を意識しながらスナップを使って打てみる。




    プレジデント範士の指導動画を掲載します


https://www.youtube.com/watch?v=kUcXMkqcb8c&feature=player_detailpage



   ③左右の「胴」打ち
     「刃すじ」を意識して、その場で「左右胴」を打つ。


    プレジデント範士の指導動画を掲載します


https://www.youtube.com/watch?v=IKFiXNAaboc&feature=player_detailpage




   ④その場の「面」に対する、その場の「返し胴」
     相手の竹刀を受けるのは「凌ぎ」、「刃」で受けないこと。
          (注)竹刀の場合「凌ぎ」は横の2本の竹

     相手の「面」を裏凌ぎで受けたら、相手の「左胴」を打つ
     相手の「面」を表凌ぎで受けたら、相手の「右胴」を打つ


   ⑤「面」に対する「応じ胴」
      竹刀の「凌ぎ」で受けて「胴」、「凌ぎ」で受けているかどうか
      を意識してやってみる。

      「胴」を打った時は、手の「甲」の部分が「上」を向いていること。
      「甲」の部分が「横」になっているのは「刃」で切っていない。


      「胴」を打ったままの手の位置で抜けている人がいる。
      「胴」を打った後は「振り切る」ようにすること。


   ⑥「面」摺り上げ「面」
       表で受けて表で返すのが「摺り上げ技」、表で受けて裏に返す
       のが「返し技」





   ⑦相手の「面」に対し「摺り上げ」か「応じ技」かを使う



・地稽古

   今日プレジデント範士は、今週末審査を受ける人を優先して受けられました。
   受審者全員が終了した後、「お銀姉さん」「布袋様」「Mr.SKY」の3名のみ
   稽古を受けて頂きました。



   その模様を静止画で一部紹介します。



    フロント先生ですね

SF2A2271_convert_20150827214541.jpg






   清正先生です    頑張りました!

 SF2A2279_convert_20150827214601.jpg






   ミセス家庭科先生です

SF2A2284_convert_20150827214621.jpg 








   凛  先生です


SF2A2290_convert_20150827214640.jpg 






    ※稽古の動画は「へたくそ剣道理論」のブログをご覧ください。


  







・稽古後の講話
  今日の基本稽古は「竹刀を刀の感覚で振る、握る」をテーマにした。
  このような稽古をすることで「振りの強さが変わる」「変化に対応できる
  ようになる」

  刀を持ってつもりで稽古する。 このような意識をする事で2段、4段
  から変わってくる。




・会長連絡事項
  来週からリニューアルされた、三菱会館で稽古を行います。
   振ってご参加をお願いします。

  先の昇段審査で、H本先生が4段に昇段されました。

  今週末行われる、6段7段も頑張って頂きたい。






      稽古終了後の模様です

SF2A2293_convert_20150827214703.jpg





     女子部員です   


 SF2A2296_convert_20150827214722.jpg

































     
















 


      


    



    



 

  





     








     
    





スポンサーサイト

世界平和と...  [コーヒーブレイク]

 

 今日は剣道の記事が無いので、8月6日元安川で行われた
 「とうろう流し」の写真を掲載します。

 地元紙によると「約1万個の柔らかな光が川面を照らした」と...

 当日は、写友に誘われてPM5時ごろ会場に到着しましたが、
 すでに撮影ポイントはカメラマンの三脚がずらっと並んでおり
 入る隙間もなく...

 カメラを持った外国人の姿も多く見受けられました。


 今回も作品になる写真はなく、雰囲気だけの紹介になりますが
 ご容赦ください。




      おやっ...!     テレビでおなじみの顔も見えます 

       「スタンバイ OK・・・」
        

  SF2A2151_convert_20150825102414.jpg 




       ”三匹のカメラマン”?     中央は有名なプロの某カメラマンですよ!

 食事もとらず早い時点で場所取りをされていたようで、夕食用の”サンドイッチ”を
 頼まれ、購入はしたものの手渡すことが出来ず...       ゴメンなさいッ!

SF2A2157_convert_20150825102446.jpg 





      少しずつ夕闇が迫り、とうろうの灯が目立つようになりました


SF2A2167_convert_20150825102511.jpg 







     とうろうの灯が...   左側には大きな”折ずる”が見えます
   
    まわりは人でごった返していますね


SF2A2172_convert_20150825102538.jpg 



 子供さんが書いたのでしょうか...

「世界平和・いつまでも」と書かれています

SF2A2194_convert_20150825102601.jpg 


   
   中央付近には色とりどりの、おおきな”折ずる”が浮かんでいます  


SF2A2195_convert_20150825102630.jpg

 




 管理人からの連絡事項

  あす26日(水曜日)は予定通り稽古を行います。
  振ってご参加お願いします。


  なお、既報の通り稽古場所は「安佐南工場研修室6F」となりますので
  お間違えのないようにお願いします。

 





  img057.jpg

 
 

安佐南区で稽古

今日は三菱会館が空調設備修理で使用できないため
臨時的に「広島市環境局の研修室」をお借りし稽古を
行いました。

空調設備の完備した、素晴らしい研修室で空調設備の
ありがたさをあらためて感じました。

プレジデント範士はご出張のため今日はお見えになりません
でしたが、来週26日(水曜日)には通常通り参加されます。


今日の基本稽古は”布袋様先生”のご指導で進められました。


・基本稽古(7時15分~7時30分)

  今日は時間の都合で約15分間の(7時30分まで)基本稽古
  となりました。

  
  ①遠間から大きい面打ち
  
  ②切り返し

  ③間合いの攻防から小さい面打ち

  ④相手の「面」に対する「応じ技」



スナップショット 1 (2015-08-20 10-35) 基本稽古 





  布袋様先生ご指導の動画を掲載します。


https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=-FvVQG9qMQk




・地稽古(7時30分~8時20分)

  静止画で紹介します。







          右端が会長先生です


 スナップショット 4 (2015-08-20 11-03) 地稽古2











スナップショット 3 (2015-08-20 10-54) 











スナップショット 5 (2015-08-20 11-12)地稽古3 










         左端は最長老「横丁の山さん」先生ですね



スナップショット 6 (2015-08-20 11-14)地稽古4 










       左端にマニアック先生が...



スナップショット 7 (2015-08-20 11-15)地稽古5 







       終りの座礼の模様です



スナップショット 8 (2015-08-20 11-16) 終わり座礼1







・お知らせ
  
  来週8月26日(水曜日)も安佐南工場研修室6Fで稽古を
  行いますので、多数の参加をお願いします。


  来週、プレジデント範士は通常通り参加されます。














残暑お見舞い申し上げます




残暑お見舞い申し上げます 



暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか
管理人から ”残暑お見舞い申し上げます”






img058.jpg







重要

明日8月19日(水曜日)は既報の通り、場所を変えて稽古を
行います。 万障繰り合わせて参加お願いします。

  稽古場所:広島市環境局安佐南工場研修室 6F
         (Tel 082-848-1114)
  時間: 19:00 体操・互礼
       20:20 稽古終了


詳細はH27年8月9日付ブログを参照願います。


舞楽について...   [コーヒーブレイク]

今日は剣道の記事がないので「舞楽」の写真を掲載します。



旧暦6月5日 厳島神社で「舞楽奉奏」が行われました。
開始2時間前に演舞場に到着しましたが、すでに前列はカメラマン
、家族連れで満席でした。

この日は後方からの撮影となりましたが、やはりアングルが悪く「花火」
に続いて「撃沈」しました。




注)宮島観光協会ブログによりますと、

舞楽とは、上古、インド、中国、朝鮮半島を経て日本に伝えられた
音楽(雅楽)と舞のことですが、発祥の地インドはもとよりベトナム
、中国、朝鮮半島にも現在は残っていません。

12世紀後期平清盛は大阪四天王寺から楽所を宮島に移して盛んに
奉奏されました。蘭陸王[らんりょうおう]・納曽利[なそり]・
万歳楽[まんざいらく]・延喜楽[えんぎらく]など二十数曲が現在も
厳島神社に伝承されています。

とのことです。




        振鉾[えんぶ]


舞楽の最初に舞われる儀式的な舞曲で、天地の神と祖先の霊に祈りを
捧げ舞台を清める宗教的な意味をもっています。


SF2A1264_convert_20150812200016.jpg


        




 SF2A1270_convert_20150812200034.jpg





   
      萬歳楽[まんざいらく]

唐の聖王の時代、鳳凰[ほうおう]が飛来して君萬歳[ばんざい]を唱えたので、
その声を楽に写し、その姿を舞いに振り付けたという。

SF2A1281_convert_20150812200052.jpg 









 SF2A1285_convert_20150812200109.jpg





    延喜楽[えんぎらく]

醍醐天皇の908年に藤原忠房が曲を作り、式部卿敦実親王
[しきぶきょうあつざねしんのう]が舞いを作り、年号の延喜を曲名としたと伝えられる。

 SF2A1309_convert_20150812200127.jpg






 SF2A1313_convert_20150812200156.jpg






     蘭陸王[らんりょうおう]
陵王ともいい、約千四百年前、中国の北斉の国王蘭陵王長恭[ちょうきょう]は、
周の大軍と金 城下で戦い大勝をして勇名を天下に轟かせました。その武勲を
称え作られたと伝えられています。




 SF2A1346_convert_20150812200218.jpg


 SF2A1361_convert_20150812200235.jpg 






    納曽利[なそり]
蘭陵王の答舞で、雌雄の龍が昇天する姿を模しているといわれ、
一名双龍舞といいます。


SF2A1485_convert_20150812200307.jpg 







SF2A1451_convert_20150812200251.jpg  





注)上記説明文は全て宮島観光協会ブログからの抜粋です。



 ご高覧ありがとうございました。



稽古場所が...





稽古場所変更のお知らせ!


既にご連絡しております通り、8月19日(水曜日)、8月26日(水曜日)
の稽古場所が変わります。



・稽古場所:広島市環境局安佐南工場研修室 6F
・時間   
   ①利用時間     : 18:00~21:00
   ②体操・互礼          : 19:00
   ③稽古終了・互礼 : 20:20
   ④完全退室           : 20:50 (厳守)


      公共の建物のため、利用時間厳守でお願いします。



   詳細は添付資料参照ください。






img057.jpg 




   空調設備も完備されているようです。
   万障繰り合わせの上ご参加お願いします。




  追伸)8月12日(水曜日)は崇菱会の稽古はお休みです。
     よろしくお願いいたします。



赤胴鈴之助八段ご登場

今日は”赤胴鈴之助八段”がおみえになりました。

空調設備の不調で暑い中での稽古でしたが「崇菱会」会員は
この暑さをものともせず、気迫あふれる稽古が展開されました。

来週はお盆休みで、再来週から月末までは「広島市環境局
安佐南工場研修室」で稽古を行います。

9月2日(水曜日)からは通常通り”三菱広島道場”での稽古
となります。


・稽古前のプレジデント範士のお話
  今日は「上段からの面打ち」と「中段からの面打ち」を
  やります。





・基本稽古
   ①左もろ手上段から、数歩入って「右足で踏込面」を打つ 3本
     →打った後は送り足、歩み足はダメ

     →出来るだけ”スムーズな動き”で打つ、途中で止まらない。
       流れるような形でやってみる。

     →左もろ手上段から「振り下ろす」この時の左手の拳の位置
       は中段から打った時も「同じ」 この「左拳」の位置を覚えて
       おく  これが目的で、上段からの面打ちをやっている。

     →素振りで「上段から、左手を一旦おろして前に出す」ような
       振り方をする人がいる。 これは無駄な動きです。

       また左拳は、単に上段の位置から一直線に打突位置にもっていく
       ではなく、「下ろしながら前にもっていく



         ここは説明が難しいので、動画を貼り付けます。



https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=Qrw9s5pfaFg





     →左もろ手上段から面を打つ瞬間は「まず左足に全体重が乗って
       いる」はず。  前に出るために「左足で蹴る」意識が必要

     →一般的に、中段から面を打つ時に「腰を前にだすのではなく、
       上にあげる傾向がある」 左もろ手上段から面を打つ場合は
       「上にあげようがない」  これを上段からの面打ちで会得する

       左足で「蹴る」から 加速が付いてくる

     →左もろ手上段からの面打ちと、中段からの面打ちの
       「踏み込み」「当たった感じ」「背中で大見得を切る」は「同じ」


   ②一本目 遠間の上段から「面」  二本目 遠間の中段から「大きい
     面」 三本目 遠間の上段から「面」  四本目 遠間の中段から
     「大きい面」

     →上段から打った「面」と 中段から打った「面」は 出来るだけ
       「同じ」にする  ここを意識して...
 
       

   ③一本目 遠間の上段から「面」  二本目 遠間の中段から「小さい
     面」 三本目 遠間の上段から「面」  四本目 遠間の中段から
     「小さい面」

     →特に打った瞬間を意識して「同じ」にする



   ④相手が「突き」に来るところを、もろ手上段の「左拳」で相手の竹刀を
     上から「押さえる(叩き落とす)」ようにして「面」を打つ

    
      →「上から下に」という感覚が抜けている。 中段は特に
       「下から上に」になっている
       「上から下に」を感じるために、この打ち方を稽古している

        中段から打つ場合でも「左手を振りおろす」  「振り上げる」
       ではなく「振り下ろす」 「上から下に、振り下ろす」




 
   ⑤一本目 遠間の上段から「面」  二本目 近間の中段から「小さい
     面」 三本目 遠間の上段から「面」  四本目 近間の中段から
     「小さい面」(お互いの中締めが交わるくらい)

       「竹刀の先を振って」  「上から下に」

     近間中段からの「面」が打てるようになってから「一歩入って、小さい
     面」の稽古をする





   ⑥近間からの「面」 または 「一歩入って、面」
     →近間からの面が打てるようになった人は「一歩入って、小さい面」


     →上段からの「面」 と中段からの「面」 の打った位置は「同じ」

     →竹刀の先を振り上げる時 「腰が引き」 打つ時「腰を伸ばして」   
       打っているダメ      姿勢は変えないこと




    ⑦回り稽古   2名





・地稽古
   
   一番目は、プレジデント範士 vs 赤胴鈴之助八段

   ギャラリーは釘付でした



SF2A2094_convert_20150806155637.jpg






 SF2A2097_convert_20150806155656.jpg





SF2A2118_convert_20150806155710.jpg 

       







 SF2A2139_convert_20150806155726.jpg





SF2A2143_convert_20150806155800.jpg 



・稽古後のプレジデント範士講話


  今日、上段からの「面打ち」 中段からの「面打ち」をやったが
  稽古になると、今の打ちがどうだったのか「自分で判定」をするが、
  
  80点の打ちで「妥協」するか、100点であっても気持ちの上で「110点
  は取りたいね」と願って稽古するか、 後者の方が良い。 そういう気持ち
  を醸成する。
  



・会長からの連絡事項

 8月12日(水曜日)は稽古休み

 8月19日(水曜日)、26日(水曜日)は 安佐南工場研修室で稽古
 ぜひ参加をお願いします。
 時間は、19:00 体操、互礼   20:20 稽古終了、互礼
        (利用時間 18:00~21:00)






・稽古後の風景




SF2A2145_convert_20150806155818.jpg 





   赤胴鈴之助八段に話をされるプレジデント範士   

SF2A2146_convert_20150806155837.jpg  

   




      






     




呉海上花火大会   [コーヒーブレイク]

呉の夜空を彩る「呉海上花火大会」が8月1日(土曜日)
呉港で行われた。

地元紙の発表では、海上の船台から約4千発が打ち上げられ
13万5千人の観客を魅了したと...

Mr.SKYは呉湾を挟んで対岸の江田島からの撮影にTryした。
撮影場所は”桜撮影”で来たことのある、某峠の頂上付近とし
出発。

この峠は民家から遠く離れており、周りは墓地...  前面は
断崖絶壁   後方は竹藪....

夜になると人ひとり通らず、  「雰囲気あるんだよな~~~」


「もし今夜一人であったら、民家の近くに場所を変えよう..」
で、現地に着いてみると...     

またしても「おおおオオ~~~~」  三脚が数台並んでいる
ではないか。       正直 「ホット」 しましたね。


その中には「艦船撮影で有名な江田島さん」がおられ、
今回もアドバイスを頂きました。

Goodアドバイスをもらった割には作品になるものはなく
またしても  「撃沈」です。





            夕方 撮影場所から呉の街を臨む

IMG_0982(菫ョ謨エ3)_convert_20150804153243






     写真は説明文なして一挙掲載します。 

   本当に「愚作」揃いですがご高覧くだされば幸甚です。


 RSF2A1849.jpg




RSF2A1860.jpg 





RSF2A1865.jpg 







RSF2A1876.jpg 






RSF2A1877.jpg






RSF2A1885.jpg 







RSF2A1908.jpg








RSF2A1901.jpg 







RSF2A1927.jpg 








RSF2A1931.jpg







RSF2A1960.jpg 





RSF2A1964.jpg 







RSF2A2047.jpg






RSF2A2069.jpg 







RSF2A1896_convert_20150804154223.jpg 






RSF2A1899_convert_20150804154244.jpg 



  ご高覧ありがとうございました。





  [管理人からのお知らせ]

  明日の水曜日「崇菱会」は予定通り稽古を行いますので、振ってご参加
  お願いします。

  なお、前回会長からお伝えしましたが、三菱会館の空調設備修理のため
  盆休みに続き8月19日(水曜日)、8月26日(水曜日)が使用できません。


  現在、この両日他の場所での稽古会を模索しております。
  明日の稽古会の折に予定をご連絡しますのでよろしくお願いします。





プロフィール

SKY

Author:SKY
広島県広島市にある道場です。

藤原崇郎 剣道範士八段を師範としてお迎えし、2008年7月にスタートした剣道場です。某社剣道部と近隣の剣道愛好家との合同稽古会として発足しました。

稽古場所:広島市西区 

稽古日:水曜日 19:00 ~ 21:00 (祭日は休み)

連絡先:090-3634-3403
     事務局 田坂


剣道に興味のある方は気軽にお越しください。
なお、海外および県外から出張・転勤等で広島に来られる方も歓迎しておりますのでぜひご連絡ください。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

日めくりカレンダー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR