FC2ブログ

帰ってきた”お銀姉さん”

おおお・・・ッ!     ”お銀姉さん”の顔が....

梅雨も明けやっと”お銀姉さん”が帰ってきました。
これで「崇菱会」も安心して8年目を迎えることができます。


プレジデント範士から、今日の基本稽古はこれまで
とうは少し趣を変え「各自が課題を決め取り組むという
形をとりたい」旨のお話があった。

・基本稽古

 ①切り返し
    →自分のリズムでの切り返し
    →遠間から3本面を打ち、続けて切り返し

      面を打つ時は”手首を柔らかく使って打つ”
      手首を使わないから、竹刀が途中で止まってしまう。
      打って、上げることを考えている、だから途中で止まる。

      手首を柔らかく使う人の打ちは”強さ”も出てくる。
      小さい”面”を打つ時は「鼻まで切り落とす」あるいは「顎まで
      切り落とす。」



 ②”課題”稽古   3本  4分間
    →途中、質問があればするようにとのお言葉

    →Mr.SKYの今日の”課題”は、間合いの攻防から「一歩攻めて
      面を打つ」とした。

      この技は、プレジデント範士が”一番稽古をしなければならない
      基本中の基本”とよく言われている仕掛け技である。
      
      最初のお相手は”桜胴先生” 右に左に竹刀を押さえ間合いを
      詰めてくるので、自分の間合いがうまく掴めません。
      半ば”やけくそ”でつっかけるが、やはり悪い癖がでるのであります。


      4人目のお相手は、待望の”お銀姉さん”   
      相手も良し、時も良し、勇気を出してプレジデント範士に質問
      「一歩攻めて、面を打ます」 ご指導をお願いしますと...


      プレジデント範士のご指摘は「いいですよ。 攻めて一歩入る時、
      頭から突っ込まないこと、構えたままの姿勢でスッーと入る」と...
      Mr.SKYにとってはこのお言葉を頂いただけで「今日の稽古は千金に
      値する」稽古となりました。



   →「打ちの強さ」が大事。  ”衝撃の強さ”
     この強さを出すには、声、手首を柔らかく使う(鼻したまで打ちおろす)
     腕力だけではだめ、力を抜いて強い打ちがでなければだめ。
     体がしっかり前に出ていくと、強い打ちが出やすい。

     それと”気力、掛け声”  ”めん~~~”ではなく  ”メエエンッーーー”
     自分の気持ちを載せて打つ
     

   →打たせる時にいかに”合気”になるかが大切です。 
     ”合気”になって、うまく打たれる。 
     打たれる事を覚えないと、打たせないことを知ることはできない。
      

  <今日は暑いので、いったんここで休憩>


 ③回り稽古 2名
    Mr.SKYは”坂東武者先生””会長先生”と稽古することができました。
    両先生とも強いですね。  ありがとうございました!


・地稽古

    写真で紹介します。



   プレジデント範士 ご出陣

SF2A1808_convert_20150730114205.jpg 




   プレジデント範士に挑むY剣児会先生  ”面”を付けるのはいつも一番  ごりっぱ!
         
  SF2A1795_convert_20150730114144.jpg
 
 
  ”時を待つ” お銀姉さん デス!

SF2A1819_convert_20150730114224.jpg




・稽古後の講話
   ”強くなる”という事   いろんな要素があるとおもうが...
   
   
   例えば
      (1)強く打てなかったものが強く打てるようになった
      (2)スピードが多少速くなった
      (3)もっと大事なのは、打てなかった所が打てるようになった
      (4)受けっぱなしであったのが、返せるようになった
      (5)技を決めきれなかったところが決められるようになった
       
      (6)打たれたけれども”ビクッ”としてない

      こういったところを、自分の中で発見して自分をほめてやる。

      
人は”ある場面だけを見て注意をする”が、人がでは無く自分が
      発見すること。


・会長連絡事項

    8月12日(水曜日)は「崇菱会」の稽古はお休み
    エアコンは近日中には修理がある見込み
   
    吉村先生の紹介

  

       稽古後の雰囲気です

SF2A1821_convert_20150730114240.jpg


     プレジデント範士のご指導風景

 SF2A1822_convert_20150730114258.jpg




    足捌きでしょうかね?

SF2A1823_convert_20150730114318.jpg 



      「今日は暑かったね~~」

SF2A1824_convert_20150730114340.jpg 




   間合いの攻防...?

SF2A1825_convert_20150730114358.jpg


・管理人

   昨日は、エアコンの調子が悪くご迷惑をかけた事と
   思います。 参加者の皆様暑い中お疲れ様でした。

   近日中には、エアコンの修理がされると思いますので、今
   しばらく辛抱願います。

   ”熱中症”には十分注意をお願いします。

   稽古中なにか異常を感じたら、すぐ休みましょう
   横着はいけませんが...










スポンサーサイト

花火  [コーヒーブレイク]

今日は剣道の記事が無いので”花火”

去る7月25日(土)広島港1万トンバース沖から、約1万発の
花火が打ち上げられる「広島みなと 夢 花火大会」が開催さ
れました。

地元紙によると昨年の過去最多に並ぶ約44万人(主催者発表)
の見物客が集まったそうです。


この「夢花火大会」の写真は、黄金山など広島サイドから
撮ったものがほとんど。

管理人ことMr.SKYは、オリジナリテイを演出するため広島湾を
跨いで対岸の「江田島」から撮影する事にしました。


Google マップで大体の位置を確認し、当日はPM5時ごろに
現地着。

地元の人に 
「この辺で 花火大会が撮れる場所ありませんか...」

「あるよ、この山の中腹に特等席があるけんね、いってみんさい」

「いくのはええが、イノシシに気い付けんさいよ...」 「はア・・・?」

「いのしし舐めたらあんた大変な事にになるよ、人間に向かって
来るけんね...」

「気い付けんさいよ」


「ありがとうございます・・・・!」



意を決して、さる山道を一路目的地を目指して...   途中、車の
ボデイーは枯れ草で擦るわ、墓地はあるわ、真っ暗になると独り、
山の中...    変なものが写らないでよ  頼むから....


つぶやきながら、目的地に行ってみると、 なんとなんと...
三脚が12台並んでいるではないか。  目が点になりました!!!


そんなわけで、約1時間、山中で写真を撮影しましたが苦労した
割には”作品”になる写真はなく  またしても”撃沈”


愚作ですが、ご笑覧頂ければ幸甚ですッ。



  写真左端の、1万トンバースのシンボルタワーの後方で一段と輝いているのが
  「マツダスタジアム」 たまたま昨日は 巨人戦を戦っていました。

 SF2A1646_convert_20150726213433.jpg





  周りには無数の観光船が浮かんでます。  中央に”海賊船”が見えますね?



RSF2A1733.jpg






SF2A1649_convert_20150726213500.jpg 






SF2A1659_convert_20150726213539.jpg 

 





  平和への願いを込めた「白菊」

SF2A1684_convert_20150726213719.jpg 





  右端でグリーンに輝いているのが高速2号線のブリッジ


SF2A1697_convert_20150726213737.jpg 






RSF2A1769_convert_20150728100638.jpg 

 





RSF2A1782_convert_20150728100718.jpg 







   愚作をご笑覧頂きありがとうございました。  






夏の夕べ...

7月22日水曜日、プレジデント範士を囲んで恒例の夏期懇親会が
開催されました。

プレジデント範士からは、日頃窺うことのできないお話もあり大いに
盛り上がった懇親会となりました。

参加者の皆さん本当にいい顔で飲んでおられました。
お疲れ様でした。


懇親会の模様を写真で一部紹介しましょう。








 
 まずプレジデント範士の”ごあいさつ”



SF2A1527_convert_20150724095128.jpg








 続いて、会長の”乾杯”の音戸


 SF2A1542_convert_20150724095227.jpg SF2A1543_convert_20150724095255.jpg






  右端から”布袋様” おなじみの”マニアックM” そして”マッスル”先生です

SF2A1549_convert_20150724095315.jpg 



    左端には剣豪”永ちゃん”先生の姿も...    風貌は”宮本武蔵”ですよ!

SF2A1550_convert_20150724095359.jpg 








   会長を囲んでパチリ


SF2A1561_convert_20150724095423.jpg 






   三者懇談でしょうか? 

SF2A1562_convert_20150724095445.jpg 






     盛り上がってますねッ!

SF2A1564_convert_20150724095507.jpg 








  今年8月には福岡で7段審査に挑まれます。 「頑張ってくださいね」


SF2A1568_convert_20150724095528.jpg 





  親子会談でしょかね?


SF2A1573_convert_20150724095547.jpg 




 ”白蛇伝”先生、参加者への ”おもてなし” ありがとうございました



SF2A1576_convert_20150724095607.jpg 










  「崇菱会」の伝説となりそうな”マニアックM”先生  お疲れ様!



SF2A1579_convert_20150724095628.jpg 



   


     8段合格を期待!

SF2A1584_convert_20150724095708.jpg 









   右端は二刀流の使い手”〇〇”先生ですね




SF2A1593_convert_20150724095727.jpg 







  楽しそうですね。 ちなみに左の先生は5段一発合格でした。



SF2A1598_convert_20150724095758.jpg 







  三菱広島剣道部の”期待の星”    部員が減少する中、頑張ってます。



SF2A1609_convert_20150724095903.jpg 





   剣道談義でしょうか?    それとも...  お〇な....  ウウウーーム


SF2A1611_convert_20150724095922.jpg 






 プレジデント範士とのツウショット!     いいね~~~  




SF2A1615_convert_20150724095955.jpg 




   やっぱり   美味いのは”カープもち”ですよ



SF2A1616_convert_20150724100016.jpg 








  「崇菱会」最長老の”締めのご挨拶”  デス..


SF2A1623_convert_20150724100057.jpg 





      参加者全員で集合写真をパチリ...  


SF2A1628_convert_20150724100120.jpg 





ただ...  いつも参加される”お銀姉さん”の顔がみえません!


”クリープの無いコーヒー...”     古い流行語ですかね、
では人気番組”水戸黄門”に”由美かおる”が抜けている感じで
しょうか?  



早く復帰して欲しいですね!  


明日は「崇菱会夏期懇親会」です




既にご連絡の通り明日H27年7月22日(水曜日)は恒例の
「崇菱会夏期懇親会」を予定通り実施します。


 日 時:平成27年7月22日(水) 19:00~21:00

 場所 :「おもてなしや」
      広島市中区紙屋町1-4-5-2F
 
 電話 :050-5871-3392

 注)アルコールを飲まれる方は必ず公共機関でお越しください。

 






追伸)

平成27年度 全剣連後援 広島県剣道講習会の実施要領を
入手しましたのでご案内します。







img056.jpg

MUSASHI 優勝


崇菱会の”MUSASHI”先生が去る7月5日に行われた
「西地区剣道段別選手権」 6・7段の部で見事”優勝”
されました。

MUSASHI先生 おめでとうございます




7月18日付中国新聞の記事を掲載します。


img055.jpg 






   プレジデント範士に立ち向う"MUSASHI"先生



IMG_0888_convert_20150719192920.jpg 



  7月22日(水曜日)は「崇菱会夏期懇親会」です。
  
      場所 「おもてなしや」   中区紙屋町1-4-5

      時間 19時~21時


  振ってご参加お願いします。



      



ベルギーから8名の剣士を迎え


プレジデント範士は出張のためお休み、布袋様先生の指導で
基本稽古を行った。


今日は、ベルギーから8名の剣士をお迎えし稽古を行った。
使用言語はフランス語、管理人はホテルからの送迎を
担当したがコンタクトはもっぱらボデーアクションのみ。

それでも気持ちは伝わるもので、感じの良い人たち
でした。


・基本稽古


  今回は動画をご覧ください



    ①遠いい間合いからの面打ち
   
   ②切り返し

https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=fzPBkSRlag4


   ③間合いの出入りからの”面”打ち


https://www.youtube.com/watch?v=z4GpF7-TAI0&feature=player_detailpage

   ④間合いの出入りからの”小手”打ち

https://www.youtube.com/watch?v=omQXOBdpXwY&feature=player_detailpage

   ⑤相手の”面”に対する”返し技”
  
 
https://www.youtube.com/watch?v=Mj-TsrtWNdw&feature=player_detailpage

・地稽古

   写真で紹介します。



    ベルギー特集にしました


SF2A1194_convert_20150716203833.jpg 

       二刀流との対戦です  いい経験になりましたね
SF2A1196_convert_20150716203923.jpg 


    構えがいいですね
SF2A1198_convert_20150716203948.jpg 



SF2A1202_convert_20150716204012.jpg 

             りっぱな構えをされてます
SF2A1203_convert_20150716204041.jpg 



SF2A1205_convert_20150716204135.jpg 



SF2A1208_convert_20150716204159.jpg



 SF2A1212_convert_20150716204227.jpg




SF2A1219_convert_20150716204253.jpg 



                            ベルギー御一行様
SF2A1222_convert_20150716204328.jpg 




7月22日(水曜日)は崇菱会恒例の納涼会です。 今回は個室になっていますので
十分話ができると思います。 振ってご参加お願いします。









剣道に”特効薬”は...


今日も”お銀姉さん”お休み!
お銀姉さんがいないと崇菱会も何か足りないんですよね..

今日は、錦帯橋八段が来てくださいました。





・稽古前のプレジデント範士のお話

   稽古は前列と後列でできるだけ列数を同じににしましょう




・基本稽古


  ①遠い間合いから大きい”面”
    →”物打ち”で打つこと   切れ味が鋭くなる

    →現在の指導法は、振りかぶった時切っ先が下を向かないように
      指導している。 理由は切っ先が下を向くと、左手の小指側が
      開いてしまう(特に子供はそうなる)。


    →素振りには2種類ある どちらかが良いと言うことではない。
      両方できるのが理想

      その1は:両足を動かさないで、まず振るかぶる 
              右足・左足を出しながら振り下ろす

      その2は:右足を出しながら振りかぶる 左足を引くと同時に
             振り下ろす

       子供には、その1が 大人には その2が良い

       子供に”気剣体”一致を覚えさせるには その1
       大人が”一拍子”を覚えるには その2



  ②右足を出しながら振り上げる”面”打ち  3本

     →右足が”上に上がる”はダメ   腰を平行移動させる
      
     →その1の”面”でも悪くはないが 今はその2 で”面”を打つ稽古
       右足をあげて、着地するまでに「振り上げて、振り下ろす」

       左足を引付けた時に”面”を打つと言う先生もいる
       しかし 写真を見ると、竹刀が面に当たるのが少し早い 足が後と
       なっている

       ”気剣体!一致の”面”を打つには、左足を引き付けと同時に”面”
       を打つという考え方もある





   ③小さい”面”
      →右足を”上げる”のではなくて”浮かせる”  ”浮かせると”同時に左足
        で”踏ん張る”

        右足を”浮かせる”→竹刀をあげる→踏み込む

      →振り上げは、右手の中指と人差し指で竹刀を”跳ね上げる”

        この時、左手の”遊び”を使う  打った時に”右手・左手”一緒に
        締める    これで”竹刀の先”を振る


      →右手の位置を固定して左のみ動かす打ち方は、あまり好ましくない

        構えて左手・右手の”中間”と体の距離は変わらない
    
    (左手を前に出す、右手首及び肘を少し折り曲げる)


      →右足→左足→右足をまず出した状態で、竹刀を振り上げる 
        (右足の方が竹刀の振り上げより先に浮く)



     →溜め(5秒)を作って打ち場合も同じ 右足が先に浮くようにする




   プレジデント範士の指導動画です   お宝映像です、ご覧ください!




https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=-w2HT3F-pPM





   ④一歩入って”早い面”又は”5秒溜めて面” どちらでも良い

     →打ち方に気持ちが行って、入りが弱い      打つ前が大切
       ”打つ”は単に運動


      相手のどてっぱらを突き刺す あるいわ 相手の小手に乗る
      ように入り込む




     →”攻めて込んで”入ること   
      
       攻め込んで入り、5秒の間が大切  相手は打って来るかも
       知れない

       ”来てみろ” ”動いたら打つぞ” ”さあ来てみろ” の気持ちで
       5秒を溜める

       5秒のやり取りを”楽しむ”





    ⑤前列の”面”打ちに対し後列は”捌く” 先週と同じ  2本ずつ交代

      →相手が面を打たせてくれる時は、確実の1本の打突にする

       打たせる方は、相手から”面”を誘うくらいで...



     ⑥2分間の互角稽古





・稽古の後のプレジデント範士講話

   剣道には”特効薬”はない。 これをやったら一発で良くなるというものは
   ない。

   稽古の中で”いい感じで打てたな” ”思わぬ技がでたな”というような時


   何が良かったのかな?  など 自己分析をする力のある人は階段を上がって


   いきやすい。


   分析力のない人は進歩が遅い 何が良かったのかわからないから遅い

   


   この感じで打ってみようかな...    左手の収まりが良かったのかな...


   どうして良かったかは、分からなくても良いので、自分で分析してみる


・会長連絡事項


   来週は予定通り稽古があります。 再来週は恒例の納涼会で稽古は休みます。








    錦帯橋八段先生、本日はありがとうございました
                              
    管理人 Mr.SKY





























     
























        



        
      






















  




















  









    











睡蓮まつり  [コーヒーブレイク]


今日は剣道の記事がないので、極楽寺山にて開催されて
いる「睡蓮まつり」から...


「蛇の池」に生息する「こい」と水面に咲き誇る「睡蓮」のコラボ
をテーマに撮影に挑みましたが、どうもうまく撮れません。

愚作でありますが、ご笑覧ください。




   睡蓮の間から”ドラゴン”でも顔を出すと面白いんですがね...
IMG_9628_convert_20150706094345.jpg





     この「コイ」さん 何か”あどけない”顔をしていました
IMG_9638_convert_20150706093500.jpg 




   「こい」さん  「睡蓮」  「あやめ」  のコラボです
IMG_9698_convert_20150706094410.jpg  





      無心に泳ぐ     ただ泳ぐ
IMG_9748_convert_20150706093528.jpg









追伸)「睡蓮まつり」は7月10日(金曜日)まで行われて
    いるようです。



今週、7月8日(水曜日)は崇菱会の稽古日です。
プレジデント範士は来られますので、振ってご参加お願いします。




心の四戒






今日のキーワード

   「攻めるとは、相手に心の四戒の一つでも起こさせること」




今日の一押し(写真)

   今日はプレジデント範士の「戦う目」とマニアックM先生の
   「戦う目」をクローズアップします。

       [プレジデント範士です]    
RSF2A1088_convert_20150702143217.jpg  



    
      [マニアックM先生です]
RSF2A1078_convert_20150702143242.jpg





・稽古前
  プレジデント範士から「面」の付け方に付いてお話があった。

   ア.面タオル 書かれている文字を、自分で読んで認識する。
            従って、タオルの方向は自分で読める方向

   イ.付け方は大きく分けて2種類 
      普通の付け方と巻きつけるやりかた
 
      最近の子供は、折りたたんだものを帽子のように「被る」
      人もいる   自分はらくであるが...

      「面」は出来るだけ自分で付けさせる 出来なかったら
      家で練習して来るように指導する


   ウ.「面」の付け方  面紐
      面紐も結び目は、頭の出っ張りよりチョット下に持ってくる
      また、面布団より頭が出ていると転倒した折危険なので
      良くない

      後ろに転倒しても、防具でカバー出来るように付ける

      子供を指導する時に、このような事を指導者として注意する


   エ.「面」の付け方 面垂れ
      肩の部分が上に跳ね上がっている人がいる 安全面からも
      良くない

      肩の部分は、富士山の裾野のように滑らかに付ける
      こうすることで、大きく見えるし風格も出てくる

   オ.布袋様先生の質問
     面タオルの置き方  稽古前は「面」を覆うように置いている
     稽古後にも同じように置くのは違和感を感じる どうするのが
     良いのでしょうか?

     範士回答:その道場で取り決めればよい  決まりはない

   カ.「小手」の置き方
      現在は自分から見ると、拳を右に横に置いてその上に
      面を置いている。 
      これは小手がずれて面が床に直接落ちないようにした
      ものである。   利便性から言うと自分に対し小手は
      縦に於く方が合理的ではある。 しかし面金が直接
      床に落ちることもある。

   キ.全日本選手権の取り決め
      試合が終わって面をとる   相手に見えないように
      面で隠して汗を拭く事になっている

      こういった事も知っておくこと


SF2A1040_convert_20150702143354.jpg




・基本稽古
  
  ①遠い間合いから「大きい面」
    多くの人は”振り下ろす”事に意識が向いている ”振り下ろす”
    ためにはまず”振り上げる”ことが必要

    打突のスタートは”振り上げ”  気持ちを”振り上げ”にもっていく
    ゆっっくりでも良いから”振り上げ”を意識する

    そうすると鋭い打ちになり易い 勢いが出てくる
    

  ②遠い間合いから「小さい面」
    小さい面で「振り上げ、振り下ろす」

    「刺し面」はだめ  打ちが軽くなる  竹刀の先を振る

    右手と左手を同じように振ったのでは、竹刀の先は振れて
    いない   左手を動かす  右手は主に手首を上下に動かす

    面に当たる手前で止まっている  鼻まで切り下ろす
    大きく打つ時「竹刀の重さで打つ」 打った瞬間に止める
   
    小さい面も同じ  鼻まで切り下ろす





   プレジデント範士ご指導の動画を添付します

https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=5F8WV-guTyg


   ③間合いの出入りから小さい「面」   3本

   ④間合いの出入りから小さい「面」
     3本の内 2本は打たせる  1本(ないし2本)は対応技

     対応技の場合は「どちらかが1本になるように」打ちを出す
     両方とも1本にならないのはおかしい

       (ア) 考え方を変えて 「打たれるか、打たせないか」

         打たせない方法 : 距離でかわす 方向でかわす
                    打とうとした瞬間「押さえる」
                    出ようとした瞬間「押さえる(制する)」

                    押さえは、前に出るくらいで、相手の鍔元へ
                    摺りこむ

                    打とうとする「ウ」を押さえる

                    「押さえる」とは制することで、一般的は「押さえ」
                    とは違う

                    
                    方向でかわす場合は、左足を”横”に出す
                    体を捌きながら相手を制する(鍔元を押さえる)

                    右にかわす場合も同じ



SF2A1049_convert_20150702143409.jpg



     ⑤間合いの出入りから「面」
          「打たせるか、制するか」を稽古する


         言い方を変えると「打ってないのに、打たせる方が”強いな”」との
         印象を受ける


         但し、制する時の体制が崩れてはダメ  最低でも自分の気持ちが
         崩れたらダメ   「そうはいかんよ!」との気持ち

         「捌ける」が剣道の中に出てくると ”余裕がでて風格が出る”

                       手元を押さえる   鍔元を押さえる


         応じ技 出頭  引き技  捌き 打たせる  どれでもよい


       ⑥2分間の稽古
         制した後の打突も合わせて技を覚えるとよい



・地稽古
   

SF2A1095_convert_20150702143544.jpg 


    プレジデント範士 vs   坂東武者
SF2A1124_convert_20150702143628.jpg


・稽古後の範士講話

    ”心の四戒”に付いてお話が合った。

    「驚・懼・疑・惑」が気持ちに出てくるとふらふらふらふら安定しない。
    集中力に欠ける。

    相手と”四戒”の比べあいで勝負がつく。 自分の中で勝負が決まっている。

   

    「攻める」という事は相手に”四戒”の一つでももたせること。
    そのためにどう入るか   やり方は自分で工夫する


    間合いに入って打たないのも「攻め」  相手が迷う

    間合いに入って早く打とう、早く打とうでは返される


    迷い、恐れを どうやって作らせるか


    反対に自分の方がそういった状況を作らないようにするためには
    ひとつは「はったり」   驚いても驚いたふりをしない。
    もうひとつは「覚悟」   どうぞ打ってください、その代り骨の髄まで
    切りますよ!  と... 
    
    
    例えば、小手を打つ、入らなくても相手に応えているか観察する。
    相手に効いているかを判断する  これが本物を打ちこむ布石になる

    強くなる人はこういった手順を踏んでいる


    受ける方は、ハッタリでもいいからビビッタ姿勢をみせない。



・会長伝達事項
   7月22日(水曜日)は崇菱会の稽古は休みです。
   そのかわり「納涼会」を行いますので振ってご参加ください。





     稽古のその後で...

SF2A1129_convert_20150702143650.jpg 



SF2A1131_convert_20150702143708.jpg 



SF2A1132_convert_20150702143729.jpg
 
    
                   
                   
 



     

    

   
    
    

    




      
      

      




     














      

プロフィール

SKY

Author:SKY
広島県広島市にある道場です。

藤原崇郎 剣道範士八段を師範としてお迎えし、2008年7月にスタートした剣道場です。某社剣道部と近隣の剣道愛好家との合同稽古会として発足しました。

稽古場所:広島市西区 

稽古日:水曜日 19:00 ~ 21:00 (祭日は休み)

連絡先:090-3634-3403
     事務局 田坂


剣道に興味のある方は気軽にお越しください。
なお、海外および県外から出張・転勤等で広島に来られる方も歓迎しておりますのでぜひご連絡ください。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

日めくりカレンダー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR