FC2ブログ

SKY農園に咲く花   [コーヒーブレイク]





今日は剣道の記事が無いのでSKY農園に咲いた
6月の花を写真で紹介します。






  6月は何といっても”あじさい”ですね。


  IMG_9582_convert_20150630175134.jpg







   ”ランタナ”です   アゲハチョウが悠々と密を吸ってます

IMG_9590_convert_20150630175149.jpg 







  ”なでしこ”です     綺麗な花をつけました

  アッ...! ハエがッ


IMG_9592_convert_20150630175204.jpg 






  明日の7月1日(水曜日)は「崇菱会」の稽古日です。
  プレジデント範士も通常通り来られますので振ってご参加ください。




  
スポンサーサイト

年間行事予定表



剣連他の「年間行事予定表」を入手しましたので
掲載します。


ご参考まで!




img053.jpg 




img054.jpg



スパイス(Spice)が...


今日はプレジデント範士は足を痛められているため
基本稽古の指導のみとなった。

今日の地稽古は61歳以上のベテラン組であったが残念! 
再来週を期待しましょう。


崇菱会の「顔」ともいうべき「お銀姉さん」が3週連続
でお休み! 
こんなことは初めてのことで、皆さん心配しております。
「お銀姉さん」がいないと何か寂しいのは管理人だけでしょうか?
どうも”スパイス”が効かないんですね!

早い復帰を祈念してます。





稽古前のプレジデント範士のお話から...


先日広島市剣道連盟主催の「審判講習会」がありました。
その時感じたのは「このような”審判法等”に付いて崇菱会
でもやってもいいなと...」 

今後このような機会を作りたいと!





・基本稽古
 
  ①遠い間合いからの大きい面打ち  3本

    →打った後のスピードに注意 勢いが大切



  ②遠い間合いから大きく胴打ち   3本

    →振りかぶるまでは「面打ち」と同じ動作
      足の入り方も同じ 打つ前から右に逸れない

    →上体の体制を変えずに、相手の「右胴」を打つ
      「前胴」ではない

      前に突っ込んだり、横に傾いたりしない

    →打った後、相手の右に抜ける打ち方もある


       動画を添付

https://www.youtube.com/watch?v=8QPE4mYJuyU&feature=player_detailpage




  ③切り返し 
    →自分のリズムでよい

  ④間合いの出入りから「面」打ち   3本
    →入り方(表・裏・突き出す)  時間差(大きく・小さく)

      リズムを変えて打つ
      「時間差のリズム」 「方向を変える」これの組合せ
      自分の「攻め口」として持ってください

      相手の「状態」によって使い分ける 
      相手の「状態を察して」自分の思いが通じるように
      する

      稽古はこれの繰り返しです


    →実戦では「相手も打とう、こちらも打とう」
           「相手は打てれまい、自分も打たれまい」
     基本稽古の時にもこの状態を作って稽古すること


 動画を添付
     
  
  https://www.youtube.com/watch?v=X-vBN7IiTs0&feature=player_detailpage  




    ⑤相手の「面」に対し3本中1本or 0本 出頭の面を打つ
      →緊迫感を持った稽古にするため 出頭はどこで
        打っても良い

      →相手が 右足→左足→踏込 で面を打つ場合
        出頭面は相手が右足を出すと同時に自分も
        右足を出し、右→右で出頭面を打つ

        但し、これが全て成功するとは限らない
        その先には土壺もあることを覚悟すること

      →出頭面を打たれ易い人は 一歩入って溜める
        ことができない人

        溜めることができる人に対し、出頭を狙っては
        遅れる その場合は返し技、間合いを見切る
        方がよい


        このようなことを経験しながら”進化”していく



    ⑥相手の「面」に対し「出小手」
      

    
    ⑦相手の「面」に対し「応じ胴」
      →間合いが詰まる場合は「横に開く」か「左足を
        半歩引いて間合いを作り胴」でもよい

       全て斜め前に出ると間合いが詰まって打てない
       事もある
      
       但し、「抜き胴」左斜め前に出る方がよい

       相手の竹刀を受けた時には、自分は左足に体重を    
       移しておく

     ⑧後列の「面」に対し前列は「出頭面」or「出小手」or
       「応じ胴」
       打てれてもいいし、対応技を出してもよい

       →「面」を打つ方は、相手が打たしてくれるかも
        知れないが、応じるかもしれないに対し

        体制が崩れないようにしっかり打つ


・地稽古

  今日は各自の自由稽古

   新規購入したカメラで撮影したためか、露出が今一つ...
SF2A0844_convert_20150625142102.jpg 

SF2A0847_convert_20150625142117.jpg 

SF2A0849_convert_20150625142132.jpg 


SF2A0852_convert_20150625142150.jpg 

・稽古後の範士講和

  今日は皆さんの地稽古を観察した。 
  2つほど感想を述べると

  1つは:全体的に上体がブレなくなってきた。 ブレてもそのブレ
       が少なくなった。

       上体がブレるのは胴を打つ時、技を返そうとする時、
       技を避けようとする時

       ブレないと言うことは、左手が決まっている、左手が決まる
       という事は、気持ちが動じないに繋がる
        
  2つ目は:発声がはっきりしない
        「メン」「コテ」「ドウ」の発生が中途半端になっている
        
        子供と稽古する時などにいい加減になっていると
        癖になる

        また、技を放った後から発声している。 
        
        発声が良いとそれに連れて体も動く 


・会長からの連絡事項
  
  7月22日(水曜日)は崇菱会恒例の「夏期懇親会」を計画して
  おります。 万障繰り合わせの上ご参加をお願いします。




  稽古の後で!
   

     「いや~~~ ありがとうございました」 ですかね?
SF2A0853_convert_20150625142205.jpg 



 O野川先生  膝痛にもかかわらずよく頑張りました 六段目指してGO~~
SF2A0856_convert_20150625142220.jpg 



  稽古後の剣道談義
SF2A0857_convert_20150625142235.jpg 







  夏期懇親会の案内です   

  プレジデント範士と直接話ができる絶好のチャンスですぞ~  

        
  
    img052.jpg     
       
       



”あじさい” と ”禅寺”   [コーヒーブレイク]



今日は剣道の記事が無いので   ”コーヒーブレイク”




”あじさい”で有名な広島市の「観音寺」をご存知でしょうか?

と言っても、管理人も知人からの情報で昨年から伺うように
なりました。

このお寺は「臨済宗妙心寺派(禅宗)」とのことで「座禅会」も
行われているようです。


今回も写友から誘われて出かけてみましたが、納得のいく
写真はどこにもなく またしても  ”撃沈”



コーヒーで”いっぷく”しながら観て頂ければ幸甚です。



SF2A0672_convert_20150622104631.jpg 

SF2A0680_convert_20150622104658.jpg 

SF2A0688_convert_20150622104712.jpg 

SF2A0696_convert_20150622104742.jpg 

SF2A0702_convert_20150622104821.jpg 

SF2A0703_convert_20150622104844.jpg 

SF2A0711_convert_20150622104900.jpg 

SF2A0718_convert_20150622104924.jpg 

SF2A0719_convert_20150622104938.jpg 

SF2A0720_convert_20150622104954.jpg 

SF2A0722_convert_20150622105020.jpg 

SF2A0724_convert_20150622105036.jpg 

SF2A0728_convert_20150622105049.jpg 

SF2A0730_convert_20150622105104.jpg 

SF2A0731_convert_20150622105119.jpg 

SF2A0732_convert_20150622105132.jpg 


観音寺は今”あじさい”が全開です。  花の好きな人必見ですね。


今週の水曜日(6月24日)は通常通り「崇菱会」の稽古日です。
プレジデント範士は来られますので、万障繰り合わせでご参加
お願いします。

「隠し技」ダア~~~

今日はプレジデント範士の「手元」「足構え」を静止画
で紹介します。

 範士の左横から撮った写真です

IMG_0882_convert_20150618154953.jpg 


範士の右横から撮った写真です

IMG_0883_convert_20150618155010.jpg 

  範士の足構えです。   「板に付く」とはこのことですね。


IMG_0884_convert_20150618155027.jpg





・稽古前
 プレジデント範士から「号令」に付いてお話があった。

 稽古前、後の「号令」は統一はされていない。
 
 正面を「上座」と言ったり「神前」と言ったり...
 
 体育館などを使用している場合「上座」「正面」が良い
 「神前」はおかしい。

 「正座」とはどういうものか、考える機会を作ることも
 大切。

 「黙想」とはどういうものか”何も考えず正座する”のか
 ”その日の一日のことを考える”のかなど「課題」を与
 える方がよい。

 「面」を置く位置「紐」のしまい方「タオル」の位置など
 その道場で決まったものがある。

 他の道場へいった折には、その道場の仕来りに
 合わせるとよい。

 こういった事を「意識」することが大切です。

 
・基本稽古
 ①切り返し
   ・大きくゆっくり
     →左拳は頭の上まで上げる
     →左拳をみぞおちまで振り下げること
       高い位置で止めない
       ”振り上げ、振り下ろす”

   ・大きく早く
     →大きくゆっくりを”早く”するのみ、小さくならない
       ように

       大きくゆっくりより”打ち”が強くなった
      「気」で打っている

   ・小さく早く
     →肩に力を入れず、下半身を使って振る

       早く振ると肩に力が入り、上半身7割、
       下半身3割の打ち方になってくる

       これを反対にする。 上半身3割、下半身
       7割

       「メン・メン」の発生を速くすると、早く振れる
       「メン・メン・メン・メン~~~」 

       「コテ・メン」も同じで、声のリズムに合わせて
       打ちが出る

 ②「面」打ち
    →合気になる  合気とは気持ちを合わせること

    →大切なのは 
      「初動」 間合いの出入りから一歩入るところ

      「打った瞬間」 打って抜けるところ

    →受ける方は、どういうところで打ってくるのか
     を見極める  単に面を開けるのではない

 ③小手  小手・面
   →受ける方は、剣先を真上に少し上げるだけ
    同時に半歩引くと次の「面」が打ち易い

    →「小手・面」 の小手と「小手」打ちの小手は
     出来るだけ同じ打ち方にする
      

 ④隠し技
    あくまでも「隠し剣」でありこれを多用したり、得意技
    にしないこと。

    リズムを変える
    自分の持っているスピードより速く打つことは難しい
    が、遅く打つことはできる  これを使う


   その1:担ぎ面
        →左肩に担ぎながら「左足」を引き付ける
          ※この間合いから普通の面では届かない
            が左足を引き付けることで届く

         担ぐことで、二拍子にならないように、一拍子
         で打つ


              動画を添付します。

https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=aCtkJmnku7k


   その2:担ぎ小手
        →右足は踏み込まなくてよい、摺り足で
          前にでながら「小手」

        →右足→左足(少し引く)→右足と出ても良い
         
          ※面を打つモーションから小手に変わる

         「面」を決めるために布石として「担ぎ小手」
         を出す。
         一本にならなくても、相手は小手を警戒する
         心理状態になる  ここで本命の「面」を決める

         「担ぎ技」は決していい技ではないが...



      動画を添付します


https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=Jb4tA7UVdpY



・地稽古

  写真で紹介します。

   一番掛はマミアックM先生

IMG_0880_convert_20150618155104.jpg 


   垂れネームが見えませんが  Y剣児会先生です

IMG_0885_convert_20150618155122.jpg 



IMG_0898_convert_20150618155138.jpg 


  範士は右手一本で戦われました

IMG_0908_convert_20150618155152.jpg


  動画はマニアックシアターをご覧ください。


・稽古後の講話

  稽古の基本は「合気」になる事からスタート
  これが一番大切

  「合気」が有効打突に繋がる

  「実」と「実」のぶつかり合いから一瞬の「虚」の状態を
  作る これもリズムを乱すこと

  相手は「エッなにこれ?」と一瞬「虚」の状態になる  
  そこをリズムを変えて打つ

  これは基本をわきまえた上での応用

  試合の強い人は「気」を外すことばかり考えているが、
  地力のある人は「どうぞ来てください」と、ない人は
  常に「どうしようか、ああしようか」と...

  枝葉、枝葉ばかりに走っていると幹がなくなる

  リズムを乱すことは大切ではあるがこれに固執
  しないこと


・会長連絡事項

  7月22日(水曜日)は三菱が休みなので崇菱会
  の稽古も休みます。
  休みを利用して恒例の「納涼会」を行います。
  ご参加頂き、親睦を深めて頂きたい。

  詳細は別途事務局から配信します。


   プレジデント範士からコメントを頂くマニアックM先生

IMG_0918_convert_20150618155257.jpg


           
        「恐れ入りました」か... ???

 IMG_0913_convert_20150618155228.jpg


      どんな話があったんでしょうか?

IMG_0914_convert_20150618155240.jpg 






  

   


 

タイムラプス・TimeLapse... [コーヒーブレイク]

今日は剣道の記事がないので「コーヒーブレイク」です。


今週末は故郷能美島に帰り”SKY農園”の手入れをして
おりましたのでブログの更新ができず...

”SKY農園”の手入れが一段落した夕方、旧音戸大橋の
撮影に出かけました。

管理人さんの話では、第二音戸大橋(平成25年開通)が開通
し旧音戸大橋(昭和36年開通)の交通量は半減したと嘆いて
おられました。

旧音戸大橋を”タイムラプス”という手法で撮影してみました。
ビデオカメラで撮ったものではではありません、あくまでも
”一眼レフ”で撮影した画像ですぞ。


 音戸の夕景1時間を14秒で紹介します。


https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=FWat4WLbvvw




また、音戸には第三音戸大橋があるのをご存知でしょうか?
第三音戸大橋(?)についてはまたいずれ...


 


今日6月17日(水曜日)は崇菱会の稽古日です。
プレジデント範士も通常通り来られますので皆様
振ってご参加ください。

合気とは..

今日は6月第2週で、錦帯橋八段、大国主命七段、RX7七段も
参加され、活気ある稽古会になりました。




 今日は冒頭で、
 プレジデント範士の「戦う目」を紹介します。  

RIMG_0816_convert_20150611144342.jpg




・基本稽古
  ①切り返し   
    →打った時に右肘を伸ばす
    →打った時 左拳が高い  左拳はみぞおち付近へ
      振りかぶった位置から、 上から下に...

  ②1本目 遠間から「左上段から面」 2本目「中段から大きい面」
    3本目 「中段から小さい面」
    →打った瞬間は全て同じように (左拳の位置、体制、竹刀の振り
      打ちの強さ..)
    →「左上段」から右足で踏み込む「メン」が一番打ち易いはず
    →遠間から打ち間に入る時の「歩幅」を変えない、打った後の
     「歩幅」も同じ

  ③間合いの出入り(間合いの攻防)から「面」
    →間合いに出入りから、一歩攻めて「面」 これが基本中の基本
      この「面」を一番練習してほしい。
      しかし、実戦でこの面が当たると思ったら大きな間違いです。
      (一本になりにくい) 相手も解っているから...
     
      この「面」を一本にするために「どう出入りを工夫するか」を行う
      そしてこの「面」に繋げる  極端に言えば「だまして」この面を
      打つ    払う、巻く、 押さえる

    →3本とも入り方を変える
      入り方を工夫する
      振る方向(振り上げる、振り下げる) ふり幅が違う  表と裏  
      時間差 

   ④出頭の「面」
    →前列は間合いの攻防から「一歩前へ」 後列は「出頭面」

      この時、前列は相手と「合気」になること ここが大切
      「合気」とは 相手の準備が整っているか、間合いは
      いいかなどよく観察し、気持ちを通い合わせること

      相手の「行くぞ」という状態が見えたら一歩前に詰める 
      この呼吸を覚える

    →一歩入る方は、できるだけ「体制」を変えないで入る
      前傾姿勢等はだめ



    プレジデント範士ご指導の動画を貼り付けました(出頭面)

https://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=sPfRyckiUFs




   ⑤一歩誘って「面」を打たせる  
     →3本中1本は返し技 抜き胴  摺り上げ面等
     →一歩誘う時、右足のみ出したとき、右左と出した
       時 の返し技は違う   
       技によって入り方を選別する 個人によっても違う


   ⑥出小手を打たせる  パート1
     →前列が、右足を出しながら剣先をまっすぐ上げる
     →小手を打つ方は 竹刀を真っすぐ、前にだす
       この方が打つ部位も広くなる 斜めうちはだめ
     →出小手は、小手の上がり始めを打つ
       上がりきった所をうってもだめ
     →相手が竹刀をあげてくれても 下から打つ人が
       いる   上からも打てる、下からも打てる 
       両方打てること

   ⑦出小手を打たせる パート2
     →誘い出して打たせる  3本のうち 2本は 返し技うを使う







・地稽古

 錦帯橋八段の一撃を 「見切る」 プレジデント範士
IMG_0815_convert_20150611144403.jpg 




  プレジデント範士 vs   錦帯橋八段
IMG_0831_convert_20150611144425.jpg 





      会長の会心の面を 「見切る」プレジデント範士
IMG_0842_convert_20150611144453.jpg 




    会長 vs  プレジデント範士
IMG_0845_convert_20150611144525.jpg 



 動画はマニアックM先生の「へたくそ剣道理論」へ飛んでください





・稽古後の講話


   今日の基本稽古で考えてほしいのは、自分だけで剣道をしない
   相手を誘い出す 誘い出すためにはまず「合気」になる 
   「合気」なるということは、まず相手の状態を探ろうとする


    「どうしようと思っているのかな」?
    相手が「懸りの状態」か「待ちの状態か」
    「懸りの状態」の時は 誘い出す  「待ちの状態」の時は
     相手の思いにひっかからないように大小の技を使う




   探りの時間が長くかかったり、こだわり過ぎると「虚」の状態になる



   探りを入れたり、相手を誘ったりする時間はできるだけ瞬間
   後は忘れる しかし頭には残っている



   こだわり過ぎると「止心」が出やすい
   瞬間的にパッパッパッと探りを入れ、それにこだわらない

   相手とやり取りをする事は大切であるが、瞬時に行い
   こだわらない



・会長の伝達事項
   ①今週月曜日に行われた「高齢剣全国大会」で広島代表は
     3位に入賞した。 崇菱会からの参加者は
          福ちゃん先生、仏様先生、局長先生


   ②第64回宮島大会
     崇j菱会も昨年同様、選手団をエントリします。参加希望者は事務局
     まで申し出てください。 締切を7月1日(水曜日)とします。


   ③審判講習会
     6月21日(日)に審判講習会が行われます。プレジデント範士の
     講話もあり勉強になると思います。 参加しましょう。



        元師匠(?)と弟子の対話...
IMG_0853_convert_20150611144551.jpg 




     稽古の後は...
IMG_0854_convert_20150611144619.jpg 




      後方でマニアックM先生が笑ってます
IMG_0855_convert_20150611144643.jpg 



   

     みなさん爽やかな顔をされてますね    今日の稽古は?
IMG_0856_convert_20150611144707.jpg 




これから暑くなります。 道場は空調完備ではありますが最近冷房の調子が
思わしくなく「熱中症」には十分注意かたよろしくお願いいたします。

  From 管理人 Mr SKY







 





  








     
     
      



  

試してみませんか ...

第64回宮島剣道大会の件

 次の要領にて宮島剣道大会が開催されます。
 例年通り「崇菱会」も団体戦に参加する予定で準備を進めております。
 参加希望者は事務局 田坂先生若しくは山本先生までご連絡お願い
 します。 
 
 「日頃の稽古の成果をぜひ試してみませんか」
 
 「崇菱会」の申し込み締切を7月1日(水曜日)といたしますので、振って
 ご参加ください。  

 お待ちしております。





 大会要領(概要)


  大会日時  平成27年9月13日(日)     受付   午前8時
                              開会式 午前9時

  大会場所  廿日市スポーツセンター(サンチェリー)






  大会要領詳細を添付します


           
img049.jpg 






img050.jpg 




   今週、6月10日(水曜日)の稽古には通常通り
   プレジデント範士が参加されます。  

   万障繰り合わせてご参加ください。



 

素直な心で....

「崇菱会」春季出雲遠征に付いては既にご報告しましたが、
先日出雲遠征にご尽力いただきました「ほそし」様から
写真送付に対するお礼の手紙が届きました。

開封してみると、当日稽古会に参加していた3名の子供
さんの「作文」が入っておりました。

いずれも素晴らしい内容で、また「ほそし」様からも崇菱会の
皆様にも一読して頂ければ...  とのコメントもあり掲載する
ことにしました。

参加した子供さんの緊張感、不安感、参加して良かった
ことなどが記述されており「日頃から素直な心で修業して
いる姿」が目に浮かんでくる素晴らしい作文でした。

単純な文章ですが、自分の手で、自分の言葉で、素直な心で...
どんなに飾った文章よりも感動を覚えました。 文章の
原点はここにあるんだと、あらためて思います。




3人の子供さんの写真と、その作文を掲載します。
ご一読ください。  



IMG_9436_convert_20150429173233.jpg 






  img039.jpg img048.jpg 




img045.jpg img044.jpg 





img047.jpg img046.jpg 

 

 
  「ほそし」様の日頃の素晴らしい指導内容がが伝わってきます。
  ありがとうございました。




  追伸)このブログをご覧になった崇菱会の皆様のご感想を記述頂ければ幸甚です。
              なお、来春の遠征へのご要望でもけっこうです。
      From 管理人


 



プロフィール

SKY

Author:SKY
広島県広島市にある道場です。

藤原崇郎 剣道範士八段を師範としてお迎えし、2008年7月にスタートした剣道場です。某社剣道部と近隣の剣道愛好家との合同稽古会として発足しました。

稽古場所:広島市西区 

稽古日:水曜日 19:00 ~ 21:00 (祭日は休み)

連絡先:090-3634-3403
     事務局 田坂


剣道に興味のある方は気軽にお越しください。
なお、海外および県外から出張・転勤等で広島に来られる方も歓迎しておりますのでぜひご連絡ください。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

日めくりカレンダー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR